(Back to TOP)                   

                        編集者のダイアリー・コナー
 ヨシダ・サイトの主力的な存在と自負してきた本コラムですが、編集ソフト(cPanel)の実に理解できないソフトのリニューアル(リンク用ファイルの自動的な作成からユーザー側で一つ一つの変換作業が必要となったという<改悪>)ことから、同コラムの継続を断念しました★替わって従来の本コラム(編集者のダイアリー・コーナー)を主流とすることにシフトしました。考えてみれば、インタネット時代にあっての現代人のパソコンを使った生活は「ブログ発信」。言葉通りにいけば、個人的なひとり言に通じるような内容でイイんだ、という考えに到達しました★関心を抱くメルマガを含む記事情報でこれ!と感じたものを元リンクで掲載し、極めて簡単なヨシダブログを・・・といった按配への転換です。(2017年3月14日記)

  (2017年 1月度)(2017年 2月度)(2017年 3月度)(2017年  4月度)(2017年 5月度)

   2016年 9月度)(2016年10月度)(2016年11月度2016年12月度
  (2016年 4月度2016年  5月度2016年 6月度)(2016年 7月度)(2016年 8月度
  (2015年11月度2015年12月度)(2016年 1月度) (2016年 2月度) (2016年 3月度

  (2015年 6月度)(2015年 7月度)(2015年 8月度) (2015年 9月度) (2015年10月度
  (2015年 1月度) (2015年 2月度) (2015年 3月度) (2015年  4月度) (2015年 5月度

  ヨシダは「日誌」なるものは書く習慣を持っていませんでしたが、パソコンで気軽に書けることから、刻々とウェブサイト・トップ面に書き込むことを2015 年正月元旦から思い付きました。主力的コラムになっている「インタネット情報&ヨシダブログ」 と隣り合わせで設けたのがその日です。当初は「ひと言ダイアリー」って感じでスタートしたものですが、だんだんと欲が出て、くだんの主力コラムが活発化する に連れて、その編集状況をこのダイアリーで紹介することにしたことから、長文のダイアリーに変身して現在に至ります。日々、何をした、何を考えた・・・ と自身が記憶に留めるためにです。
 ところで、このコラムに似せて新設したのが英語版「
The Editor's Special Diary Corner」です。日本語ブログが手当たり次第って感じなのを横目にして新設したのものです。「英語版きょうのできごと」をベースにした勝手放題のコラムって感じです。

                              2017年1月1日

                              編集者:吉田祐起

                       (772.9KB)

2017年  4月度)へ

2017年3月28日(火)
 毎月28日はヨシダの誕生日!と言っても、毎月のそれをもって、「満85歳5ヶ月」といった按配の表現。一年に12回の誕生日を味合うヨシダ流儀の誕生日の迎え方です(笑)★本日「3月28日のできごと」編集でヨシダが関心を強めるのは、「

2017年3月27日(月)
 本日「3月27日のできごと」でヨシダが想起することは、「(9)1912年 - 東京市アメリカに贈呈したサクラの苗木がワシントンD.C.ポトマック川のほとりに植樹[1]。」です。1998年実施した「一ヶ月間米国業界視察旅行」の折に基地として利用したのが全米トラック協会(American Trucking Associations, Inc.)でして、同協会の本部事務所がこのポトマック川の向かい側にあったことから、この桜の名所には数回訪れました。桜シーズンだったら圧巻ってところだったと思います。でも、当時のヨシダはその桜の由来を現在ほど詳しくは知りませんでした。「きょうのできごと」編集のお陰です★・・・と、ふと感ずるに、本コラムが主流になった現在ですが、日々冒頭に、当日の「できごと」を話題にすることを思い付いたのはヨカッタと思います。「当日のできごと」に関する想いは人それぞれですが、ヨシダはその編集者であることから、殊のほか深い想いを抱きます。そのできごとに関連する自身の体験や想い出をオーバーラップして考えるのがミソです。とりわけ、近代のできごとでは、「当時のヨシダは○歳だった・・・」と想起するのも、ひと味の差異があります。時代感覚を抱く所以です。ロマンチックでしょう(笑)★

    



2017年3月26日(日)
 「3月26日のできごと」でヨシダが想起することは、「(26)2005年 - 台湾で、中華人民共和国で成立した反分裂国家法に反対する120万人参加のデモが行われる。」です。当該画像は12枚。その分、両国の関係が複雑なことを物語ると思います。ひとつの国が主義主張やリーダーの差異で東西や南北に分裂するのは世の常(?)。それにしてもドイツの東西が統一されたのは歴史に残ります★好奇心旺盛な85歳青年ヨシダがトライすることに世界の「分裂国家・統合国家」の歴史をグーグルで学びます。その一つは、「分断国家」ですが、下記にその一部を添付します。(9:40)
分断国家の一覧 
現在