(Back to TOP)                   

                        編集者のダイアリー・コナー
  ヨシダは「日誌」なるものは書く習慣を持っていませんでしたが、パソコンで気軽に書けることから、刻々とウェブサイト・トップ面に書き込むことを2015 年正月元旦から思い付きました。主力的コラムになっている「インタネット情報&ヨシダブログ」 と隣り合わせで設けたのがその日です。当初は「ひと言ダイアリー」って感じでスタートしたものですが、だんだんと欲が出て、くだんの主力コラムが活発化する に連れて、その編集状況をこのダイアリーで紹介することにしたことから、長文のダイアリーに変身して現在に至ります。日々、何をした、何を考えた・・・ と自身が記憶に留めるためにです。
 ところで、このコラムに似せて新設したのが英語版「
The Editor's Special Diary Corner」です。日本語ブログが手当たり次第って感じなのを横目にして新設したのものです。「英語版きょうのできごと」をベースにした勝手放題のコラムって感じです。

                              2017年1月1日

                              編集者:吉田祐起
               

                                                                                                  

  (2017年 1月度)(2017年 2月度)(2017年 3月度)(2017年  4月度)(2017年 5月度)

   2016年 9月度)(2016年10月度)(2016年11月度2016年12月度
  (2016年 4月度2016年  5月度2016年 6月度)(2016年 7月度)(2016年 8月度
  (2015年11月度2015年12月度)(2016年 1月度) (2016年 2月度) (2016年 3月度

  (2015年 6月度)(2015年 7月度)(2015年 8月度) (2015年 9月度) (2015年10月度
  (2015年 1月度) (2015年 2月度) (2015年 3月度) (2015年  4月度) (2015年 5月度

 
                              2017年1月度

2017.1.31.(火)
 広島人は「1月は<いぬる>、2月は<逃げる>、3月は<去る>」と言います「いぬる」はあきらかに広島弁です。正確を期すためにグーグルでみるに、「いぬる」は「 (例)「のーのー、そろそろいぬろーや」、(解)「ねぇねぇ、そろそろ帰ろうよ」とあります★ということから、「1月はいぬる、2月は逃げる、3月は去る」と言います。年初3ヶ月はあっという間に過ぎ去る・・・という意味です。さて、みなさんは?★ヨシダは場合は例外と心得ます。あれもやった、これもやった、やってきて、記録にも残してきた・・・という心境です。ま、その分、人生の日々をかみ締めつつ、楽しみつつ、過ごしてきているってことですのでイイことだと自覚しています。(8:20)
 昨夜受信した「today@VOA」記事の編集を終えました。「No.94 (Jan.31, 2017):"On January 30, 1781, Maryland becomes the last of the 13 states to ratify the Articles of Confederation."」です。アメリカ史の一端を学びました。満足です。(11:00)

On This Day in American History
On January 30, 1781, Maryland becomes the last of the 13 states to ratify the Articles of Confederation. The move comes almost three years after the official deadline set by Congress. Several issues dog the document. Large states want votes to be proportional to population, while small states prefer to continue the status quo of one vote per state. The Articles of Confederation remain the law of the land for only eight years before the Constitutional Convention rejects them for a more centralized form of federal government.

 このところ、アメリカではトランプ新大統領の「大統領令」の乱発(?)の連続です。なんだか、大統領の権限を振りかざしている感じがしないでもありません★そんな折に受信したのがヨシダが尊敬してやまない山久瀬洋二先生のメルマガ。題して「トランプ大統領が多発する大統領令とは?」が目に付きました。恰好の題材として編集します。(11:20)
 


2017.1.30.(月)
 ヨシダ・ウェブサイトの主流コラム「インタネット情報&ヨシダブログ」 がひと区切りのイイ「6700編」になりました!他愛もないことではないぞ~!が編集者のホンネです★このコラムを設けたのは今から約5年弱前のこと。当時の記録をみると、初期の段階では気恥ずかしい感じがするほど幼稚(?)。でも、時と共に改良を加えて現在に至ります★何事にも「ひと区切り」を尊重するヨシダ。意義付けて取り組み過ごすのもそれなりの価値を見出します★ちょっと、「下ネタブログ」で恐縮ですが、「便秘対策」にあれこれと取り組んで久しい身。今朝のオトイレで「ブ~!」というオナラと一緒に瞬時にして沢山のキレイで艶のある(笑)ウンチが便器一杯に浮きました!こんなのは初めての体験です!★ウンチが「浮く」のと「沈む」には大きな差があることを体感しました。「沈むウンチ」はその分、密度が高すぎる(宿便気配濃厚<ドクター・ヨシダの分析>)からで、好ましくないウンチ★と、まあ、こんなブログは訪問者のない(少ない)本サイトだからのこと。折角ですので、お眼にふれた方への体験ブログをひとつ!★「腹筋運動」(Sit-up )が極めて有効であることをまざまざと体験体感しました!在日中は自己流体操メニューの一つでしたが、住食環境の変化で途絶えていたもの。回復した当時は数回がやれさっと!便秘対策に試行錯誤の過程で辿りついたのが、「腸の運動」(ウィキペディア)でした★なんと、最初は数回がやれさっと・・・。なんと、今では50回に回復しているのです!いくら食事内容を考慮しても、肝心の「腸の運動」が弱ければダメ・・・と気付いた結果デス!これって、ドクター・ヨシダの体験に基づく便秘対策デスぞ~!(9:25)

2017.1.29.(日)
 今朝一番にヒットしたのはマニラ・タイムズ紙の写真記事。お楽しみください(笑)。                "Early favorites emerge in Miss Universe preliminaries"(MANILA TIMES)(8:30)
「Maria Mika Maxene Perez Medina」の画像検索結果「Maria Mika Maxene Perez Medina」の画像検索結果

 「No.6699:「米中戦争の可能性は非常に高い」トランプ氏側近が驚愕見解DIAMOND Online2017.1.29.(28日付)『週刊ダイヤモンド』副編集長 山口圭介)」を編集しながら実に憂鬱になります。「地政学」が世界中をのし歩く時代になったことからです。国際外交や軍事政策も全てがその特殊な学問をベースにしてのし歩く時代であるからです。この地政学とやらは当該国の努力だけではそれが招来するリスクを回避できないからです・・・。所詮、人類は「歴史は繰り返す」から逃れることはできない感じですね。本欄直前のビューティー写真をみて楽しむか・・・って気分が否定できませんよね・・・トホホ・・・。(11:00)
 直前編集記事でふと、思い付いた実にイイアイディア!「地政学」が大手を振って世界をのし歩く時代。その「地政学の発生等歴史」を知るうえで貴重なファイルを特集しました「ウィキペディアにみる地政学の歴史等(コピー)」がそれです。冷やかし半分にクリックしてご覧くださいませんか?自称:アイディア・マンのヨシダのすることです(笑)。でも、今後、この特集ファイルは結構役立つと確信してのことです。(11:55)
 「No.6700編」!と言えば、ひと区切りのイイ数字。語呂合わせは?ですが、いいジョークが出てきません。それにしても、ようもまあ、続々編集するもんだ・・・と自身の頭をさすります。「No.6700:トランプ政権の「化けの皮」はすぐに剥がれる 「バブルを喜ぶ」のではなく「リスク」に備えよ東洋経済ONLINE2017.1.29.(28日付)ぐっちーさん :投資銀行家)」がそれですが、大統領令を次々の発する米大統領は始めてって感じです。ちなみに、「米大統領の大統領令」でグーグルしてみますと、曰く、「・・・なお、大統領令の権限は無制限ではなく、連邦最高裁判所が違憲判断を出したり、連邦議会が反対する法律を作ったりすることによって、それに対抗することができる。 」とあります。(14:30)


2017.1.28.(土)
 28日が来ると毎度のことで恐縮ですが、ヨシダの誕生日、と言っても月日(10月28日)のそれでなかう、月毎の28日を指すのがヨシダ流です。その意図はこのままスクロール・ダウンしていただくとヒットする「 毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!? 」に記しています★毎月の28日を念頭に、その前後をかみ締めてわが人生を歩んでいるのです。その結果ですね、「あっという間、光陰矢のごとし」って生き方でなく、「あれをやった、これもやった、やってのけて現在があるヨシダ人生だ・・・」ってガッツ感の源泉です★本日「1月28日のできごと」写真編集を先ほど終えて、ひと段落って気分です。いわゆる、「メリハリのある過ごし方」に通じます。(10:30)
 昨夜受信した「today@VOA」の編集を終えました。「No.93 (Jan.28, 2017)"On January 27, 1785, the Georgia General Assembly incorporates the University of Georgia,..."」がそれですが、毎度のことながら、実にイイ勉強になります。ご関心あらばクリックしてご覧ください。

On This Day in American History
On January 27, 1785, the Georgia General Assembly incorporates the University of Georgia, the first state-funded institution of higher learning in the new republic. The lawmakers had put aside 40,000 acres of land the previous year, and planned to earn enough money from it to endow the university.

 「No.6698:「世界一幸せなデンマーク人」と日本人の違い 働くモチベーションからして全然違う東洋経済ONLINE2017.1.28.倉沢 美左 :東洋経済オンライン編集部 記者)」は編集中ですが、仮掲載しておきます。ボツボツ、日付変更の時間ですので・・・・。(19:30)

2017.1.27.(金)
 何時ものことながら、時差一日遅れノのアメリカから届くメルマガのひとつ「today@VOA」。夜間作業のひとつになりました。「No.92 (Jan.27, 2017) "ON January 26, 1961, President John F. Kennedy appoints Janet Travell, 59, to be his personal physician,"」(編集中)がそれです★ケネディーさんと言えば、あの悲劇の暗殺の瞬間間もなく耳にした当時の米占領軍専用ラジオ「AFRS(Armed Forces Radio Service)」の番組中断で悲壮な雰囲気のアナウンサーの声を想起します★1993年の「米国一ヶ月間取材旅行」の際に訪れた暗殺現場とオズワルドが狙撃しtビルを訪問したものです。当時から記念館になっている元教科書倉庫ですが、バックグラウンド・ミュージックみたいに再現されたあのアナウンサーの悲壮なトーンを耳にしてなんとも強い悲壮感に浸ったものでした★今回のこの「できごと」は別件。でも、ヨシダの深い想いはそちらの方へ傾きます・・・。(8:25)

On This Day in American History
ON January 26, 1961, President John F. Kennedy appoints Janet Travell, 59, to be his personal physician, making her the first woman in history to hold that position. Dr. Travell, an orthopedist, has already worked closed with Kennedy for several years. She’s also designed the first prototypes of the modern ergonomic chair. The president suffers from persistent back pain that he says is the result of injuries sustained playing football and as a PT boat captain during World War II.

 日本経済新聞ウェブサイトで目に付いた記事「オバマ前大統領、地元に退任惜しむ声 「希望」のレガシー残す」があります。感性豊かな(?)ヨシダ流に書けば「残す⇒遺す」ですが、「・・・オバマさんのお膝元シカゴは・・・」で???と。たしか、ハワイだったが・・・?とばかりに、グーグル。★曰く、「1961年8月4日にハワイ州ホノルルにある女性と子供のためのカピオラニ医療センター(英語版)で生まれる。 実父のバラク・オバマ・シニア(1936年 - 1982年)は、ケニアのニャンゴマ・コゲロ出身(生まれはニャンザ州ラチュオニョ県Kanyadhiang村のルオ族、母親はカンザス州ウィチタ出身の白人、アン・ダナムである。 父は奨学金を受給していた外国人留学生であった。2人はハワイ大学のロシア語の授業で知り合い、1961年2月2日に結婚。バラク・オバマ自身はプロテスタントのキリスト教徒であり、キリスト合同教会(英語では"the United Church of Christ (UCC)"で、キリスト連合教会、合同キリストの教会、統一キリスト教会などとも訳される。)に所属している。オバマは自伝で、「父はムスリムだったが殆ど無宗教に近かった」と述べている。バラク・オバマは、自分自身の幼年期を、「僕の父は、僕の周りの人たちとは全然違う人に見えた。父は真っ黒で、母はミルクのように白く、そのことが、心の中ではわずかに抵抗があった」と回想している。彼は自身のヤングアダルト闘争を、「自身の混血という立場についての社会的認識の調和のため」と表現した。1963年に両親が別居し翌1964年に両親が離婚した両親が別居するとオバマ・ジュニアは母のもとで暮らした。 1965年、父は、ケニアへ帰国した後、政府のエコノミストとなる。父は、ハワイ大学からハーバード大学を卒業したため、将来を嘱望されていた。 バラク・オバマの両親は、結婚歴が複数回ある。彼は、その為、後述の異父妹が一人、異母兄弟が八人いる(うち、4人死没)。 1971年、父と再会を果たした。 1982年、父が自動車事故が原因で逝去した。46歳であった(ウィキペディア)★・・・トンマなヨシダ・・・。もっと早くにして知っておくべきオバマさんの身の上です。と、こんな郷愁に駆られるのはほかでもありません、奥さんのミッシェルさんへの大統領出馬の声を意識してのことです★と、くだんの日本経済新聞記事は取り上げて編集する気分になっているヨシダです。その理由はこのブログ通りです。(8:45)
 「No.6695:オバマ前大統領、地元に退任惜しむ声 「希望」のレガシー残す日本経済新聞2017.1.27.シカゴ=野毛洋子)」を編集しながらのこと。リンクしたい拙著関連情報が跡を絶ちません。その分、情報発信は人後に落ちない、って気分です(笑)。(10:05)
 「No.6696:トランプ流保護主義に「ドル安」は不可欠=亀岡裕次大和証券 チーフ為替アナリストに聞くREUTERSロイター2017.1.27.(26日付)編集:麻生祐司)」の編集者のお名前に親しみを感じます★4歳下の弟(故人)と同じです。そのまた3歳下の末弟は被爆10日余で無傷のまま血反吐を吐いて他界しました★祐起・祐司・祐策」には名付け親父(労災事故で早世)に深い想い入れがありました。「長男のユウキに維新後没落した吉田家を<起こす(再興する)>、そのポリオ長男のユウキを<補佐(司)する>し、参謀役として三男は<司る>・・・」と(笑)。でも、運命の神の意図は全く異なった処にあるって感じです(笑)★他愛もない私事のエピソード。シツレイしました。(13:40)
 「No.6697:外国人労働者が初の100万人 昨年、留学生など増加日本経済新聞2017.1.27.)」を編集しながら皮肉屋編集者のブログが先走りました。ご勘弁のほど・・・。(15:15)
 今朝一番に手をつけた記事「No.92 (Jan.27, 2017) "ON January 26, 1961, President John F. Kennedy appoints Janet Travell, 59, to be his personal physician,"」も完成したし、この辺りで本日の作業を終了とし、明日への備えに入ります。明日は28日!ヨシダの誕生日、と言っても、毎月の28日がそれ。明日で年齢が「85歳3ヶ月」になる祈念すべき(?)日を迎えます。こんなことって、ヨシダ流儀の生き方、受けとめ方に過ぎませんが・・・。でも、価値あるモノの考え方です。詳細は「毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!? 」にブログしています。(17:40)

2017.1.26.(木)
 今朝一番の仕事は昨夜受信のネタです。「No.91 (Jan.26, 2017):"On January 25, 1961, President John F. Kennedy becomes the first U.S. president to hold a live televised news conference."」がそれですが、ケネディーさんには深い想い入れを抱き続けるヨシダです。この英語版編集ブログに言及しています。(9:50)

n This Day in American History
On January 25, 1961, President John F. Kennedy becomes the first U.S. president to hold a live televised news conference. From a podium at the State Department, Kennedy reads a prepared statement and then opens the floor for questions from reporters. Kennedy projects charm, intelligence, strength and openness, in a performance that helps define the presidential image in the mass media age.

 何時ものお定まり一式情報源をチェックして、コレ!といったものにヒットしなかったことから、上掲の英語版コラムの編集に専念しました★昨夜から今朝にかけてのヨシダ式運動メニューのひとつである「Si-Ups」(起き上がり腹筋運動)の情報を提供します。まずは、ご存知のそのスタイルを下記に添付してのこと・・・★在日中には記憶は定かでありませんが、5.60回を常としたものですが、フィリピンに移住して生活環境の大変化と共に自然と遠ざかった経緯があるのです★再現動機はほかでもありません、「便秘対策」です(笑)。ヨシダの最大の教師たるグーグルさんを頼ったり、家長・アーネルの友人医師の助言を得たり等々で随分とトライした諸々のものがある中で、ふと、ヒットしたのが、「腸の働きを良くすること!」があったのです★思わず、ガッツしました、「そうだった!それだった!・・・」って按配の気付き★「思い付いたら即実践」はヨシダの特技。ヨシダ流のこの運動は両脚マヒのために健常者みたいに両脚のふんばる自力は期待できません。そこで発明癖(?)のあるヨシダが即座に思い付いて実行したのが、ベッドの端フレームに両足首を固定する仕組み★両脚を伸ばした状態で固定してからのトライ!なんと、この運動復帰初期では、数回が限度!危機感を抱きました!・・・と、この運動復帰をして間もない現在ですが、なんと、50回に復帰しています★といっても、一気に、ひと息に、ではありません。最初の20回はひと息調(途中で息を吸い込まない)。次の30回目は起き上がった瞬間に息を一度吸い込む。次の40回目は「ふた呼吸入れ」って調子。残り50回目は数回の呼吸・・・といった調子です★・・・で、その結果は?ですが、元々一日二食主義の身体。排泄量もその分、少ないのが正常・・・と認識を新たにしての二週間体験では一週に一度の排便でイイんだ!です。今朝の本欄ブログがとんだところへ飛びました(笑)。(10:30)
         「sit-ups」の画像検索結果「sit-ups」の画像検索結果「sit-ups」の画像検索結果 「sit-ups」の画像検索結果
 今朝一番の仕事は昨夜受信のネタです。「No.91 (Jan.26, 2017):"On January 25, 1961, President John F. Kennedy becomes the first U.S. president to hold a live televised news conference."」がそれですが、ケネディーさんには深い想い入れを抱き続けるヨシダです。この英語版編集ブログに言及しています。(9:50)
 「No.6694:メイ首相の「EU完全離脱」シナリオが恐ろしい 「経済音痴」による主張は危うすぎる東洋経済ONLINE2017.1.26.(24日付)フィリップ・レグレイン :元欧州委員会経済顧問)」、「No.6693:現地取材で分かった「トランプ支持者」の正体 実は8年前のオバマ支持者と共通点がある東洋経済ONLINE2017.1.26.(25日付)桑原 りさ :キャスター)」・・・と一気に編集しました。脇目もふらず・・・ってところ。(14:40)

2017.1.25.(水)
 昨夜受信した「today@VOA」に手を付けていたところ、別件メルマガにヒットして、そちらへシフトしました。「No.6691:トランプの保護主義政策は混乱の末に修正を余儀なくされるDIAMOND Online2017.1.25.熊野英生 [第一生命経済研究所経済調査部首席エコノミスト])」がそれですが、ご参考までに、くだんの「today@VOA」も以下に掲載してご参考に供します★No.90 (Jan.24, 2017)"On January 24, 1935, the first canned beer makes its worldwide debut in Richmond, Virginia."(9:40)       "1935 First canned beer goes on sale"(HISTORY)

On This Day in American History
On January 24, 1935, the first canned beer makes its worldwide debut in Richmond, Virginia. The Gottfried Krueger Brewing Company partners with the American Can company, which succeeds in developing a pressurized can with special coating to prevent the fizzy beer from chemically reacting with the tin. The concept of canned beer is a hard sell at first, but today canned beer accounts for about half of the $20 billion U.S. beer industry.

 22日(日)に本欄で紹介した下記の写真に関する真偽のほどを証明する記事にヒットしましたので、再度、その一連の写真を掲載し、くだんの記事をリンクしてご参考に供します。「ブログ:大統領 就任式の「対比写真」撮影の裏側」(REUTERSロイター)(10:00)
 
 「2009」の画像検索結果 「2008オバマ」の画像検索結果「inauguration ceremony trump vs obama」の画像検索結果「2017トランプ」の画像検索結果 「2017」の画像検索結果
 傍らの愛器・クラシックパソコンXPが受信した記事です。主人公の杉良太郎・五大夏子ご夫妻に最大の尊敬とエールを込めて編集しました。「No.6692:杉さん、ベトナムに176人の「子供」 孤児を支え28年 俳優で歌手の杉良太郎さんが語る日経電子版「出世ナビ」2017.1.25.(22日付) ハノイ支局=富山篤)」 がそれですが、かくいうヨシダはその「爪の垢」みたいなことをフィリピンで行っていることに応分の充実感を抱いています。(11:20)


2017.1.24.(火)
 昨夜受信した「today@VOA」(下記)は極めて簡単。「1845年1月23日、合衆国議会は国内全ての選挙は11月第一月曜日の翌第一火曜日に行わなければならないと決めた・・・」というのが趣旨。その理由は当時の輸送手段は主として馬車であったことから、安息日後と位置づけたもの・・・」という趣旨。「絵物語化」するには戸惑う内容なので断念します。一旦、取り上げてトライして断念するのは始めてのこと。ま、このことも、こんな形で留めておくのも意義がありそうです★ちなみに、「today@VOA」を中心にした「The Editor's Special Diary Corner」ですが、100件(編)一歩手前という実績です。編集者の執念(!?)ってところでしょう(笑)。(9:00)

On This Day in American History
On January 23, 1845, the United States Congress decides that all national elections must be held on the first Tuesday after the first Monday in November. Tuesday is chosen to allow one day of travel — horses are the primary mode of transportation at this time — after the Sabbath.

 「No.6689:オバマの執念! 4年後、ミシェルが米大統領になる!サンデー毎日2017.1.29日号 牧 太郎の青い空白い雲 604 )」を編集しながらなんだか、胸がす~とする感じです(笑)★ハワイ出身の米大統領夫妻が大統領になった!となれば、ハワイ王国を事実上、乗っ取られたカメハメ王様も草葉の陰で内心、誇りに感じているでしょうネ。これって現実的な思考力のなせるものですよ(笑)★ハワイはヨシダの母(享年102歳)の生まれ故郷。現在でも数え切れないほど多くの親戚が居ます・・・。(11:00)
 続いての記事は、「No.6690:アメリカの大統領就任式の速報解説ニュースの英語と文化背景・時事解説」2017.1.24.)」です。ヨシダの最もご尊敬してやまない筆者先生です。ぜひとも、クリックしてご覧ください。(12:20)


2017.1.23.(月)
 今朝早くに眼にとまった記事は「MANILA TIMES」の「Women’s marches draw millionsBy )」ですが、末尾の数行が興味です。曰く、「 The Women’s March began with a simple Facebook post from Hawaii grandmother and retired lawyer Teresa Shook to about 40 friends—but word traveled quickly and the event took on a life of its own.」(女性のマーチのことの始まりはハワイの祖母と退職している法律家テレサ・シュックが僅か40人の友人宛発信のフェース・ブック。・・・その情報があっという間に本来の趣旨にのって広がった・・・」ということ。フェースブックはヨシダにとって無縁ですが、恐ろしいパワーを秘めているものですね★ちなみに、ヨシダのこの種の情報ノウハウに対する「偏見」めいた概念の発祥は「フェースブックやツイターは妄想者を生んでいる(Facebook, Twitter creating self-obsessed people)」でもあります(笑)。ご参考までに、くだんの英字紙の写真を下記に添付します。ちなみに、CNNがしきりに報道していることは、トランプ政権は就任式の参加人数を偽って報道している、と。(9:00)
            
 「No.6687:トランプ米大統領と「エホバの証人」知られざるユダヤ・コネクションMONEY VOICE2017.1.23.(22日付)『カレイドスコープのメルマガ』 より)」の編集掲載(10:00)に続いての記事は、「No.6688:「米中戦争の可能性は非常に高い」 トランプ氏側近が驚愕見解DIAMOND Online2017.1.23.『週刊ダイヤモンド』副編集長 山口圭介)」です★なんだかキナ臭い(?)感じがしてなりません・・・。此処でもまたまた、ヨシダの口癖「歴史は繰り返す」になる感じです・・・。(13:00)

2017.1.22.(日)
 数ある当該写真の中で、今朝受信した何処やらの記事で目にとまったのが下記の写真。見渡す限りの「満席」って風景。片や新大統領反対大衆の同じ場所にみる実態。比べて「プロprアンチ?」と観るは下衆の勘繰りですよね(笑)。(9:15)
  1月21日、UBS証券の青木大樹氏は、トランプ新政権の経済政策には潜在成長率の向上を促すような具体策が乏しいため、リーマン・ショック以降進行している米国経済の「日本化」に歯止めがかかることは期待しにくいと指摘。写真は20日、首都ワシントンで就任演説を行うトランプ新大統領(2017年 ロイター/Brian Snyder)「pro or con?」の画像検索結果 「?」の画像検索結果 「anti trump rally in dc」の画像検索結果 「anti trump rally in dc」の画像検索結果
 上掲左端の写真はエラー!2009年のオバマさんの時のものでした!後刻に修正画像を掲載します。グーグルも表示エラーが時々あります。(11:20)
 ・・・先ほど気付いた大きなエラーでしたが、トップサイト編集修正中にエラーが生じて下半身が消滅!でも、絶えずコピーをとっていることから、10分間足らずで修正しました★前述した添付画像エラーを下記の通り修正します。意地悪く(?)でも、分かり易くするために、多少左右に引き伸ばしました。左が2009年のオバマさん、右が今回の2017年のトランプさんデス!★ついでに欲張ってのこと。女性のアンチ・トランプは世界的に顕著です!その一端を覗かせる写真を(も)添付しました。(12:00)
  「2009」の画像検索結果 「2008オバマ」の画像検索結果「inauguration ceremony trump vs obama」の画像検索結果「2017トランプ」の画像検索結果 「2017」の画像検索結果
 「anti trump women riots in paris」の画像検索結果「anti trump women riots in paris with eiffel tower」の画像検索結果「anti trump women riots in paris with eiffel tower」の画像検索結果「anti trump women riots in paris with eiffel tower」の画像検索結果
   「anti trump women riots in germany」の画像検索結果   「anti trump women riots in germany」の画像検索結果  「anti trump women riots in germany」の画像検索結果         「anti trump women riots in germany」の画像検索結果  
 「No.6686:分断とねじれ、トランプの米国はどこへ行く "正統性"や支持率なき船出、その向かう先東洋経済ONLINE2017.1.22.中岡 望 :東洋英和女学院大学客員教授)」を編集するに際して特に印象強くしたのは、筆者がヨシダ同郷の広島県のご出身であること。しかも、ヨシダの記憶する限りでは、本誌ご寄稿は初めてのご人物です。郷土が自慢すべきご人物と感じます(13:50)


2017.1.21.(土)
 昨夜から今朝にかけて、CNNテレビにくぎ付けになりました。米大統領就任式前後の模様をテレビで見通したのは初めての体験です。正直言って、「文化の差異」をまざまざと垣間見ました。海外生活8年のそれはヨシダのホンネの感想です。「No.6684:情報BOX:トランプ新大統領の就任演説全文(英語)REUTERSロイター2017.1.21.)」の編集でのヨシダの感想ルーツです。(9:30)
 本日午前中の仕事でNo.89 (Jan.. 21, 2017)"On January 20, 1981, just minutes after Ronald Reagan takes the oath of office at his inauguration as the 40th president..."」を仕上げました。満足しています。もっとも、この時点でヨシダブログは未だ記入していませんが・・・。(12:30)

On This Day in American History
On January 20, 1981, just minutes after Ronald Reagan takes the oath of office at his inauguration as the 40th president of the United States, the 52 American hostages held at the U.S. embassy in Iran, are released, ending the 444-day hostage crisis, which began November 4, 1979, when militant Iranian students stormed the U.S. embassy in Tehran.

 久々にヨシダがご尊敬してやまない大前研一先生の記事にヒットして嬉しい限りです。「No.6685:トランプ氏の攻撃ツイートは「幼稚園レベルの認識」に基づいているMONEY VOICE2017.1.21.大前研一・(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役)」がそれです。大前先生のご健勝をひたすら乞い願う者です。(14:00)

2017.1.20.(金)
 昨夜受信の「today@VOA」から手を付けている一方で、東洋経済ONLINEで初めての筆者と記憶する片の記事にヒットして編集しました。「No.88 (Jan.. 20, 2017)"On January 19, 1977, President Gerald R. Ford pardons the woman known as the infamous Toyko Rose and restores her citizenship. "」がおれです。情報源と合わせて掲載します。(8:00)

On This Day in American History
On January 19, 1977, President Gerald R. Ford pardons the woman known as the infamous Toyko Rose and restores her citizenship. Los Angeles-born Japanese-American Iva Toguri was in Japan caring for an elderly relative when the Japanese bombed Pearl Harbor. The Japanese government forced Toguri to broadcast American music and false reports regarding U.S. troop losses over the radio in an attempt to harm the morale of Allied soldiers. After the war, Toguri was convicted of treason, stripped of her citizenship, and served six years in prison.

 「No.6682:国際政治力学が変わり、EUはもはやバラバラ テロ、英離脱、トランプ出現で「不穏」な欧州東洋経済ONLINE2017.1.20.美根 慶樹 :平和外交研究所代表)」の編集も済ませました。生産性バツグンでしょう!(笑)★蛇足のブログをひとつ。ベッドで「腹筋運動(push-upでなく、sit-up)」の結果が良好な感じです。現在のところ40回に達していまして、一日に延7,8回は実践しています。お腹の調子が殊のほかイイ感じです。グーグルで知ったノウハウです。グーグルさま様デス。(9:40)
  上掲の「today@VOA」編集を完了しました!クリックしてご覧くださいませんか?好奇心旺盛のヨシダにとっては楽しくかつ、恰好の勉強機会と捉えての成果です★と、かたわらのクラシック愛器・XPが受信したのが「明治天皇 歩く姿撮影の写真 44歳、隠し撮りの可能性も」(毎日新聞)が興味です。昭和のひと桁族のヨシダだったら、「歩かれるお姿」となるですネ。ちなみに、その稀有なお写真を添付します。・・・と、コピーが撮れません!稀有で貴重なお写真だけに、かつまた、やたらとコピーして掲載するのは「畏れ多い」ということと解釈します。同記事によれば、明治天皇は撮影を好まなかった・・・とあり、水戸徳川家ご訪問の際に同家関係者による隠し撮りとあります。(12:45)
 本日、駆け込みの編集記事はヨシダが大のファンとするオバマ大統領評の一端です。「No.6683:トランプを大牽制、米国雇用を巡るオバマ「最後の正論」DIAMOND Online2017.1.20.岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授])」 がそれですが、考えてみるに、離日してフィリピンに移住したのはオバマさんが大統領選で勝って就任する次期に跨った祈念すべき時期でした★歴代米大統領で初めて被爆市訪問を果たしてオバマ・レガシーを遺されたことに敬意を表します。(18:00)

2017.1.19.(木)
 今朝一番の仕事は何時ものことながら、昨夜遅く受信した「today@VOA」の編集です。「No.87 (Jan.. 19, 2017)"On January 18, 1803, President Thomas Jefferson sends a secret message to Congress asking for money to fund the journey of Lewis and Clark."」がそれですが、早いでしょう、この時間で完成とは!とは、自我自賛の弁ならぬブログです。何時ものことですが、メルマガ原本を下記に添付してご参考に供します。編集者ヨシダ自身がアメリカ大陸を冒険した感じです(笑)。でも、このヨシダは1993年の「一ヶ月間単身米国取材旅行」の体験者でして、大陸東西横断体験者です(笑)。(9:20)

On This Day in American History
On January 18, 1803, President Thomas Jefferson sends a secret message to Congress asking for money to fund the journey of Lewis and Clark. The president is eager to explore the vast Far West. His young personal secretary, Meriwether Lewis, will lead the expedition with Lewis’s old military friend, William Clark. Congress eventually approves the $2,500 expenditure.

「No.6681:トランプ氏のモスクワでの変態行為はロシアのワナかDIAMOND Online2017.1.19.田岡俊次 [軍事ジャーナリスト])」を編集しながら感じたことは、「トランプ人物に対する嫌悪感」とでも言ったもの。大統領の座を射止めたものの、アメリカの威信に何らかの形で、何時かは、何かで馬脚を曝け出すぞ~!と言いたいのがヨシダです。ま、こんな際どいことをブログしても此処だけのモノ。文句があるなら、メールを寄越してください!と(笑)。(16:10)

2017.1.18.(水)
 編集容量限界で「きょうのできごと(18日)」の添付画像を大幅に削除余儀なくしていましたが、今朝早くの記事に接して最優先し、件の削除画像を全部掲載して身軽(?)になりました。「No.6677:「開かれた英国」守れるか EUから強硬離脱へ日本経済新聞2017.1.18.ブリュッセル=森本学)」がそれです★昨夜遅くに受信した「today@VOA」の編集にスイッチします。ちなみに、同記事メール画像と編集内容を添付します。「"On January 17, 1961, in his farewell address to the nation, President Dwight D. Eisenhower warns Americans to keep an eye....."」。クリックすると編集室の舞台裏がその都度の編集状況そのままで覗けます。(8:30)

On This Day in American History
On January 17, 1961, in his farewell address to the nation, President Dwight D. Eisenhower warns Americans to keep an eye on the burgeoning ‘military-industrial complex.’ The former general, who led the country to victory in Europe during World War II, expresses concerns about the growing size and cost of the American defense establishment.

 「No.6678:スマホの吸引力朝日新聞「天声人語」2017.1.18.)」を編集しながらのこと。皮肉屋(?)ブロガー・ヨシダの日頃の??が頭をもたげます(笑)。(9:35)
 「No.6679:日本を取り巻く地政学リスク、2017年を展望するDIAMOND Online2017.1.18.田中 均 [日本総合研究所国際戦略研究所理事長])」を編集し終えて、ふと想うことは、「地政学」って何時頃、誰の手で生まれたのかな・・・と。早速にグーグルするに、曰く、「 「政治地理学」という名称を用い、体系的に政治と地理の関係について論じたのは18世紀のドイツの哲学者カント< 1724年4月22日 - 1804年2月12日 >であると考えられている(ウィキペディア)」と。ハイ!勉強しました! (15:20)
 「No.6680:フルマラソン4時間切り!85歳「超人」の秘密 老化は意志の力である程度抑えられる東洋経済ONLINE2017.1.18.The New York Times 執筆:Jeré Longman記者、翻訳:村井裕美)」の掲載も添付画像の割愛を余儀なくします。「きょうのできごと」を優先してのこと。ま、こんな微調整もボケ防止って気分です。(17:20)
 

2017.1.17.(火)
 一気に2編を編集して掲載しました!欲張って添付画像を多くし、ために「きょうのできごと(17日)」の画像を大幅に削除余儀なくしています。「No.6675:10月に惑星ニビルが地球衝突? なぜ人は終末に引きつけられるのか?MAG2NEWS2017.1.17.松丸さとみ)」と「No.6676:「絶望」という名のAI、「希望」という名のAI ハッカー、ウィルス、偽情報が戦争の道具化している恐ろしい現実「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」通算第5167号2016.1.17. 宮崎正弘)」
 愛器クラシックパソコンXPが受信したのが「Eugene Cernan, Last Human to Walk on Moon, Dies at 82」(NEW YORK TIMES)。100歳以上に限定しているのを横目に編集しかけたのですが、欲張ればキリのないこと、と断念しました。82歳と言えばまだまだ・・・と思わないでもありませんが、ムリがあったのでしょうか?★ふと、同記事をサイトで追っている中でヒットしたのが別件の宇宙飛行士で名の知れたアームストロングさんの記事。「John Glenn, American Hero of the Space Age, Dies at 95」です。いずれも断念します。(18:30)

2017.1.16.(月)
   昨夜遅くに受信した記事が興味です。「No.6673:今からでもネイティブ並みに話せるビジネスシーンで通用する英語学習のためにすべきこと毎日新聞2017.1.15.(2016.12.26.付)」がそれですが、どうしたことか、記事がコピーができないのです。???です。とりあえず、こんな形で保存しておきます。(10:00)
 「No.6673:旧日本人街 ダバオ市の旧日本人街ミンタルで歴史的史跡の修復、保存事業が始動日刊まにら新聞2017.1.16.冨田すみれ子)」を編集しながら真っ先に想起するのがフィリピンに来て間もない頃のこと。長編の「20世紀初頭、フィリピンは日本人の出稼ぎ先だった。5千人が比に渡り、建設・農園労働者としてバギオ市やダバオ市で根を張っていった・・・を編集したことです。昔は日本は島国後進国。フィリピンは早くにしてスペインやアメリカの植民地になったことから、西欧文化を取り入れて案外とモダンです★さきほどまでに、「1月17日のできごと」&「18日のできごと」を一気に編集し終えました。今夜辺りに「today@VOA」を受信するでしょう。ホッとする間もない忙しさ・・・でも結構、楽しんでいます。(16:20)
 「No.6674:世界の富裕層上位8人の資産、下位50%と同額 NGO報告書日本経済新聞<速報>2017.1.16.)」はメルマガ情報です。同紙のサイトからはタイトルを打ち込んで検索しなとゲットできないシロモノです。メルマガって便利ですよね。軽視できませんね。(18:40)

 日本人は英語が苦手ーーそんな言葉が何度も繰り返されてきました。みなさんも聞いたことがありませんか。

2017.1.15.(日)
 皮肉屋ブロガーのヨシダが編集した記事です(笑)。でも真実を秘めたモノと確信しますがどうでしょう?異論ある方は遠慮なくメールで反論してくださいませんか?本欄にもオープンして論戦を交えましょう・・・。くだんの記事は「No.6672:日本経済は、さらに半世紀「ゼロ成長」が続く  これまでの数十年は、まだいい時代だった東洋経済ONLINEs2017.1.15.(日付)リチャード・カッツ :本誌特約記者(在ニューヨーク))」です★今日は日曜日。1月15日と言えば、ヨシダ在日中は「成人の日」。祝祭日の変更は何時あったのだっけ?・・・と★「成人の日」と言えば想い出があります。ヨシダが成人になった時のこと。義兄の下請け職場であった地元大手ゼネコンの製材工場で独特の技術者就業中時代。同社支店長の強い推薦で参加したのが今で言う「成人式の催し」。当時の市長・浜井信三さんから「市長表彰受賞」。同市長の真後ろに立った記念写真。数百人の中で得意満面のボクでした。(10:10)
 今日は正月休み明けの初めての週末日曜日。適当は情報源にヒットしないことから、「1月16日のできごと」&{17日のできごと}と二日分の編集を済ませて余裕綽々って按配です。ホントに同コラム編集は世界史の一端を学ぶに相応しい機会を与えてくれます。親父早世で、人並みに大学進学が出来なかったヨシダにとって、それは現在この年齢にして与えられている勉強機会と受けとめています。(19:00)

2017.1.14.(土)
 今朝一番の仕事は昨夜の続き。「No.85 (Jan.. 14, 2017)"On January 13, 1966, President Lyndon B. Johnson appoints Robert C. Weaver, the first African-American cabinet member,..."」がそれですが、添付すべき写真が少ないこともあって、早くに仕上げました。米国における黒人政治家誕生のプロセスを知りました。間もなく退任するオバマ大統領ですが、アフリカ系のアメリカ人に偏見を抱く一方で、大統領になる、選ぶ、というアメリカ人の懐の深さを痛感します。情報源を何時ものことですが、下記に添付します。(9:50)

On This Day in American History
On January 13, 1966, President Lyndon B. Johnson appoints Robert C. Weaver, the first African-American cabinet member, to head the Department of Housing and Urban Development (HUD), which enforces fair housing laws. Johnson wants to improve race relations and eliminate urban blight. Since many of the country’s African Americans live in run-down inner-city areas, appointing Weaver is Johnson’s attempt to show his African-American constituency that he is sincere in his efforts.

 「No.6671:トランプ氏の大統領就任式、デモ99団体計画日本経済新聞2017.1.14.ワシントン=芦塚智子)」を掲載して本トップサイトの編集量が身軽になりました!これで明日の出来事写真を削除することなく全部掲載できます。ゲーム感覚(?)で編集するなんて、その分、心にゆとりがあることを感じます(笑)★おっと、今気付くに本日の出来事写真を下段2列削除していることに気付きました。ゆとりができたことから、元に戻しました。これにて、日付変更用意に入ります。(16:30)

2017.1.13.(金)
 今朝一番は地元フィリピン情報。「No.6668:首相訪比  安倍首相、大統領と首脳会談。今後5年で官民合わせて1兆円の支援を表明日刊まにら新聞2017.1.13.加藤昌平、森永亨)」がそれですが、フィリピンに永住するニッポン人として「肩身は狭くないぞ~!」って心情です(笑)。(8:55)
 昨夕に受信して直ぐに着手した「today@VOA」の記事は「 No.84 (Jan.. 12, 2017) "On January 12, 1932, Ophelia Wyatt Caraway becomes the first woman to be elected to the U.S. Senate."」です。「あくるめがない」という表現を使うヨシダ。これって、広島の放言?「ホッとする間がない」って意味ですが・・・。(9:50)
 「No.6669:世界最高齢の女性は睡眠を重要視、酒・たばこも遠ざけたDIAMOND Online2017.1.13. 樋口直哉 [小説家・料理人])」のヨシダブログには物凄い(大袈裟な!)情報をインプット(リンク)しています。(13:10) 



2017.1.12.(木)
 昨夕に本欄でも仮掲載した「英語版きょうのできごと」「No.83 (Jan.. 12, 2017)"On January 11, 1908, U.S. President Theodore Roosevelt designates the Grand Canyon as a national monument."」の編集を終了しましたのでクリックしてご覧になりませんか?と、自慢気にブログする気は毛頭ないのですが、それなりの編集者の想い入れのあるできごとです。(12:10)

2017.1.11.(水)
 「today@VOA」の担当者が代わったと思われます。従来は早朝の受信だったのが、現在は夕方です。昨夕、早速に取り掛かりました。「No.81 (Jan.. 11, 2017) "On January 10, 1901, the U.S. oil industry is born when a drilling rig near Beaumont, Texas, "」です。(10日21:45)

On This Day in American History
On January 10, 1901, the U.S. oil industry is born when a drilling rig near Beaumont, Texas, produces an enormous gusher of crude oil that takes nine days to cap. Following the discovery, petroleum becomes the main fuel source for new inventions such as cars and airplanes, while coal-powered ships and trains also convert to the liquid fuel.

 上掲のメルマガ編集中です。リンクをクリックすると昨夜からの進捗状況がみれます★ふと、背後のCNNテレビがオバマ大統領の別れのスピーチ(Farewell speech)をしています。ちょっと手を休めながら、腹筋運動をしながら観ました★同大統領の演説の時のクセは、中央を見据えることが全くなく、やたらと首を左右にしかも、見据えることなく、反射的に左右の繰り返し。初期の段階で気になってエッセイの何処やらに書いたことがあります。「側近が進言しないものか?・・」と思いながらでした。ところが、ある時点でその癖が直った!と観たのですが、やがて元に戻り、現在の調子です。★講演を数えれられないほどした実績者の気付きですが、気になるのは、中央部分に居る聴視者は「素通りされた・・・」という気分になることは否定できないでしょう。オバマファンのヨシダですが、惜しいかな・・・が現在の率直な感想です。(10:10)
 「本日のできごと」欄の添付写真をこのトップサイトは下段5列にわたって削除しています。編集容量(現在956.37KB)のためですが、数字と睨めっこの編集も結構、ボケ防止って按配です(笑)★ところで、くだんの「腹筋運動の復活」ですが、お腹の調子がバツグンにイイ感じです。より一層の快適さを求めて、少しずつ回数を増やしています。しかも、一日に何度もですから、ゆうに百数拾回って調子です。この辺りのことになると、「ヨシダの意志の強さ&実行力」でして、幼年時代からのものです。ポリオ障害の身を意識した対応です。健常者には稀有なマインドです。(10:30)
 マニラ・ブレティン(MANILAS BULLETIN)記事で百歳以上生きた人の記事にヒットしたので、早速に編集しました。「No.82 (Jan.. 11, 2017):"Journalist Clare Hollingworth, who broke news of WW II, dies (at 105)"」がそれです。ハイ、エネルギーを頂戴しました!(13:15)
 先ほど、ニューヨークタイムズ紙メルマガを受信。直前に掲載した記事と同じ内容のもの。ところが、記事文章はすっごく長いもの。それが先に入っていればそちらに手を付けて、その分、記事を追って写真を選ぶ時間が数倍も多くを要したことだろうと、実はホッとしています(笑)。ご参考までに同記事を添付します。"Clare Hollomgworth, Reporter Who Broke News of World War II, Dies at 105"(New York Times) 。(18:20)
 またまた「today@VOA」の受信!日本時間で日本時間の明日日付の取材記事にしますが、気が抜けない感じ!ま、勉強、べんきょうデス。早速に手を付けたのが"On January 11, 1908, U.S. President Theodore Roosevelt designates the Grand Canyon as a national monument."です。日本版のそれは本日付の4枚写真画像ですが、ホンモノ記事からは果たして何枚になるでしょう?・・・(20:40)

On This Day in American History
On January 11, 1908, U.S. President Theodore Roosevelt designates the Grand Canyon as a national monument. The area in northwestern Arizona has been inhabited by Native Americans for centuries and by the end of the 19th century, draws thousands of tourists each year. Roosevelt, a New Yorker, loves the American West, and after becoming president in 1901, makes environmental conservation a major legacy of his presidency.

2017.1.10.(火)
 広島っ子のヨシダは当然ながらマツダ社・ファン!昨日の関連記事もあったりで、同編に限り並べて掲載継続します。「No.6664:マツダが「他社と違うことをやる」のは、むしろ技術開発に愚直だからDIAMOND Online2017.1.10.小飼雅道 [マツダ代表取締役社長兼CEO])」がそれですが、「愚直さ」がヨシダの心に響くのです!マツダ社頑張れ!(10:30)
 ご尊敬してやまない川久瀬先生の記事を久々に掲載しました!その理由はブログしています。「No.6665:複雑な世界だから根本的な価値観を大切にの ニュースの英語と文化背景・時事解説2017.1.10.)」がそれですが、世界をコンサルタントで駆け回っておられる稀有なご人物!かねてより「著者紹介欄」で挿入を希望しながら、あまりにも多くて躊躇していたもの。案外と編集ボリュームが多くないことから(と言っても、本欄は285KBです。「きょうのできごと」の写真画像を2列ほど削除して対応しました。(12:15)
 次編は「No.6666」と、6が4つ続く稀有な(?)数字!「6666」はエンジェルナンバーだそうです!どんな記事にヒットするやら?語呂合わせの好きなヨシダだけに、今からワクワクして備えて(?)います。どうやら明日の本欄でのお出ましってことにしましょう。(12:25)
 「No.6666:トランプ「経済政策チーム」の過激な顔ぶれ 一枚岩ではないが実力派揃い東洋経済ONLINE2017.1.11.(10日付)グレン・S・フクシマ :米国先端政策研究所(CAP) 上級研究員)」を掲載したら編集許容量を大幅にオーバー!ために、「きょうのできごご」写真の一列だけ残してすべて削除を余儀なくしました。ただ今の本トップサイトの編集容量は「973KB」。お遊び気分で削除調整しました。「6666」編という数字に語呂合わせのできない記事。掲載記事には無関係で以下にブログします・・・。(16:00)
 ヨシダのウェブサイトの主力を占める「インタネット情報&ヨシダブログ」 が本日で「No.6666」という珍しい数字になりました!なんでも語呂合わせすることの好きなヨシダですが、同じ数字が4つも、では???です★そこでグーグルさんのお出ましを願ってのこと。曰く、「エンジェルナンバー6666」“お金や資産といった物質面の恐れを手放してください。そしてスピリチュアルなものに集中させてください。そうすることで本来のバランスを取り戻し精神的な満足感が得られます。6666という数字は、あなたがバランスを崩していることを表しています。あなたは物質的な側面に集中しすぎてしまっています。富と繁栄のエネルギーは心配や不安によってそらされ、妨げられてしまいます。心配や不安はバランス、調和、魂、利益の受容性に対するバリアです。あなたが必要なものはすべて揃うと信じ続け、あなたの思考のスピリチュアルな面と物質的な面両方のバランスをとるようにしてください。魂と奉仕に集中すれば、物質的で感情的に必要なものも自動的に手に入ります。6666は666より更に強くなります・・・」と★・・・なんだか。まったく当たっていない!って感じ(笑)。ま、こんなことに時間を取る、取れるってことは85歳爺ちゃんの恰好の暇つぶし的なモノ。ボケ防止にも役立つわい・・・でチョンってことにします。他愛もないことに時間をとりつつ、本日の作業に終止符をうちます。(16:30)
 好奇心旺盛なヨシダがトライしたことで過去のものをみるに、「No.5555:ギリシャ、財政再建策受け入れで7月5日に国民投票へ 日本経済新聞2015.6.27.)、「No.4444:ノーベル賞作家の初恋と青春山陰中央新報「明窓」2014.7.30.道)」・・・と(笑)。(16:40)

2017.1.9.(月)
 「No.6662:マツダの新エンジン 3割省燃費  ガソリン車でリッター30キロ日本経済新聞2017.9.)」を編集しながらひと昔前のエピソードを想い出し、ついつい余計なことまでブログしました。爺さんのボケ防止にご理解を・・・(笑)★でもでも、滅多に得られる体験ではないとニンマリします。さて、本来の記事取材に入ります。(10:40)
 「No.6663:EU崩壊?キリスト教が危機に?日本は?ド~なる、2017年の世界MAG2NEWS2017.1.9.(7日付)北野幸伯)」を編集しながらしみじみ感じることは、これからの世界は何が起こるか予想がつかないって感じになりました。地球人口は暴発の一途。住む世界面積は変わらず、地球環境は悪化の一途(?)。金星か火星と言っても限定的で夢物語。ま、余計な詮索は止めときましょう・・・。(16:40)

2017.1.8.(日)
 今日はこの時間の今までに、くだんの「腹筋運動」を6、7回やりました!グーグルでヒットしたのが便秘や硬便対策には「腸の運動が大事」ということを知ったからです。在日中にはたしか、4,50回はやってのけていたのを記憶しますが、なんと、久々の再開では5回がやっと。危機感を抱いてトライし直しに着手。一気(ひと息)に出来る回数は4,5回から始まって、現在は20回!その後は、ひと呼吸を置きながら続けて現在は40回から50回にアプローチ。根気よく、かつある種の危機感を抱いての再チャレンジの結果に満足しています。その証拠に今朝のウンチは一気に太っいヤツがスラッと出て快適!・・・とこんなことをこんなところでブログするのも、ま、滅多に覗いてくださるお方は居ないだろうから・・・といった気安さ(?)ゆえのこと(大笑)★明日の「1月9日のできごと」編集も終了し、ひと息入れます★このところ、「きょうのできごと」添付写真画像の大きさ設定には今までみたいに可能な限り小さくより、可能な限り文字が読める程度に、と拡大しています。ために、その分、編集容量をとりますが、その限度数字と睨めっこの編集努力もワルクありません。なにごともにも「ターゲット」がある、つくるってことは意義があります★どうやら、本日の本欄記事掲載はナシで、編集者のひとり言に終わりそうで、それもご本人は満足至極です(17:30)
 先ほど、家長アーネルが部屋に入ってきてのこと。サンタローサ市市長の特別秘書の立場でのエピソードを語るなかで、ヨシダの知人で元広島市職員の女性がメールを寄越してきたことを告げました。昨年10月に当地首都圏マニラで不動産会社社長をしている同氏の旦那さんとご長男が母国のご両親を伴ってわが家にご来訪になった縁あるご人物★広島市が推進している「平和首長会議」にサンタローサ市を加えるべく尽力願いたい・・・という趣旨。先ほど、アーネルが部屋に入ってきたところで、すぐさま部屋を出たら、もうに出かけていて遅くなるとか。日曜日の返上って忙しさの彼ですが、趣旨英語翻訳して伝えるより、同氏から直接英文メールで説明を、と進言したところです。(17:35)
 ふと、傍らの愛器クラシックパソコンXPが受信したニューヨーク・タイムズ紙メルマガ「Obituaries」をみるに、100歳以上は無しで、88歳の「元アラバマ州知事」、92歳の「元ポルトガル首相・大統領」、95歳の「プリッチャー賞受賞者」・・・とあります。多忙な日々だけに、ホッとするやら、チョッピリ寂しい感じです。長寿は日本人のほうが上手だと常日頃から感じているヨシダです。(17:50)
 ・・・と、ここまで一気にブログしてのこと。ベッドでくだんの腹筋運動に転じました。ひと息に30回!その後はいと息吸って吐いてはで50回!見事なまでの回復振りで大満足って気分です。どうです?「努力家・ヨシダ」の生き様の一端は?有言実行・有言居士を自称したものです。その証拠は「『有言居士』のひとり言」をクリックしてご覧くださいませんか? 若き時代のヨシダ写真が一緒デス。(18:00)

2017.1.7.(土)
 「No.6661:トランプ次期政権が日本に「円高」を迫る日 「ドル高前提」の日本株上昇の危うさDIAMOND Online2017.1.7.(6日付)近藤 駿介 :金融・経済評論家/コラムニスト)」を編集しながら昭和ひと桁族ヨシダが想うことは、「変化の大きい次代に生まれ、生きてきて、これからの変化の激しい世を生きる世代の人間・・・」という感じです。とりわけ「きょうのできごと」編集体験からも痛感するのが「歴史は繰り返す」のひと言に尽きる・・・って感じです。(10:30)
 昨夜から手を付けているのは、「
No.79 (Jan.. 7, 2017) "On January 6, 1838, Samuel Morse demonstrates his telegraph system for the first time in Morristown, New Jersey."」です。電信の元祖・モールスの伝記の一端。無線と言えば、子供の頃に覚えた「トン・ツー」の信号。「イ=伊藤(・ー)、ロ=路上歩行(・ー・ー)、ハ=ハーモニカ(ー・・・)・・・」と。と、こんな歴史を知る人は少なくなった現代ですね。(10:45)

On This Day in American History
On January 6, 1838, Samuel Morse demonstrates his telegraph system for the first time in Morristown, New Jersey. The telegraph, which uses electric impulses to transmit encoded messages over a wire, eventually revolutionizes long-distance communication, reaching the height of its popularity in the 1920s and 1930s.
 

2017.1.6.(金)
 今朝一番の仕事は「No.77 (Jan.3, 2017):"On January 2, 1788, Georgia becomes the first Southern state to join the union after ratifying the U.S. Constitution."」の編集でした。ご関心あらば、クリックしてご覧ください。(10:00)

On This Day in American History
On January 2, 1788, Georgia becomes the first Southern state to join the union after ratifying the U.S. Constitution. The move makes Georgia the fourth state in the modern United States. Named after King George II, Georgia is one of the more prosperous British colonies in America. However, during the Revolutionary War, a four-year British occupation of the territory pushes many Georgians to embrace the Patriot cause.

今朝二番目の仕事は、「No.78 (Jan..6, 2017):"On January 5, 1972, President Richard Nixon authorizes $5.5 million to develop a space shuttle, which represents a giant leap forward..."」で、下記の受信メルマガが元の情報源です。(12:30)

On This Day in American History
On January 5, 1972, President Richard Nixon authorizes $5.5 million to develop a space shuttle, which represents a giant leap forward in space travel technology. The ‘reusable’ aircraft is expected to be more cost-efficient than one-time-use-only rocket-launched capsules. The shuttle will also give NASA pilots and scientists more research time in space. NASA launches Columbia , the first space shuttle, in 1981.

 3番目の仕事は、「No.6660:「比日間の友好状態がこのまま続けばよい」と期待を寄せる日刊マニラ新聞2017.1.6.高橋鈴)」 で、結構、多忙な状態です★お気付きでしょうか?なんでもないことですが、本編で6の数字が3つ並んだ数字の6660編!4つ並んだ編数6666は数日後!「語呂合わせ」の好きなヨシダがグーグルしてみるに、「ラッキー数字」だとか!その日が来たら「当該画像」の幾つかを此処に「飾って楽しみます」(笑)。(14:00)
 ふと、傍らの愛器クラシックパソコンXPが受信したメルマガ「飽くなき挑戦 ロータリーエンジンの半世紀」(朝日新聞)に関心を高めました。開発者の山本健一さん(95歳)のお元気そうなお姿を目にしてなんとも感無量!デス。同氏にはヨシダが在日中に属していたある経営者団体の中国ブロック会長時代に講師にお招きしたことがあるのです。直近の写真を下記に添付して懐かしみます★中の写真は社長時代の1967年。右は2016年12月26日のものデス!老いてますますご壮健!ご同慶の至りです!われかくありたし!と願いつつ・・・。(17:10)
 コスモ山本健一氏 1967年ごろ「コスモスポーツ」のハンドルを握る山本健一氏

2017.1.5.(木)
 昨夕「today@VOA」から下記のメルマガが入り、手を付けたのですが、このできごとが「ニクソン大統領がウォーターゲート事件に関する委員会のテープ提出を求めて、大統領が拒否し、やがて辞任に追い込まれるという歴代大統領として初のできごと・・・ということだけ。そのことだけでは「絵にならない・・・」と感じて、取りやめました。(7:50)

On This Day in American History
On January 4, 1974, President Richard Nixon refuses to hand over tape recordings and documents subpoenaed by the Senate Watergate Committee. The refusal marks the beginning of the end of Nixon’s presidency. The nation’s 37th president leaves in disgrace eight months later, the only U.S. president ever to resign from office.

 「No.6658:トランプはスービック湾とクラーク空軍基地の再開に踏み切るか?高まる南シナ海の軍事緊張、フィリピンも反米の前に安全保障優先の筈だが・・・「宮崎正弘の国際ニュース・早読み通算第5153号」2017.1.5.)」 を編集しながら複雑な心境になりました・・・。(11:10)
 「No.6659:[FT]EU離脱・トランプは外したが…2017年を占う日本経済新聞2017.1.5.ファイナンシャル・タイムズBy Chris Giles)」の編集で本日の作業を終了とします。(17:40)

2017.1.4.(水)
 85歳超のヨシダが母国の全てを捨てて(!?)、単身でしかも、縁あって出逢ったフィリピン人家族と共同生活して、なに不自由なく、しかも、「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」を演じ、しかも、こんな具合でウェブサイトにブログしまくっている姿を眺めながらのこと、「これでヨシ!」って心境です。本記事筆者・大嶋祥誉先生にTHANKS!です。おっと、その記事は、「No.6655:新年から人生を変えるための「3つの問い」 まずは「目の前のこと」に問いをたてよう東洋経済ONLINE2017.1.4.大嶋 祥誉 :センジュヒューマンデザインワークス代表取締役)」です。(9:05)
 昨夜にかけて編集していた「英語版きょうのできごと」を「編集中」で掲載していましたが、先ほど完成しましたので、下記に添付します。「No.77 (Jan.3, 2017):"On January 2, 1788, Georgia becomes the first Southern state to join the union after ratifying the U.S. Constitution."。実にイイ勉強になることを喜んでいます。(9:35)

On This Day in American History
On January 2, 1788, Georgia becomes the first Southern state to join the union after ratifying the U.S. Constitution. The move makes Georgia the fourth state in the modern United States. Named after King George II, Georgia is one of the more prosperous British colonies in America. However, during the Revolutionary War, a four-year British occupation of the territory pushes many Georgians to embrace the Patriot cause.

 「No.6656:ヘレン・ケラーが支えにした盲目の天才国学者、塙保己一の大偉業MOG2NEWS2017.1.4.伊勢雅臣)」を編集しながらのこと。ヨシダ自身の無学を恥じ入るばかりです。でも、学ぶに遅すぎることはないと自身に言い聞かせる始末です。(12:30)
 「No.6657:16年の交通事故死、67年ぶり3000人台 半数が高齢者日本経済新聞2017.1.4.)」を編集しながら想うことは、32年間のトラック運送事業経営体験で一度も死亡事故を起こしたことがなかったのがヨシダの心の中にある「錦の御旗」って感じです。(19:50)

2017.1.3.(火)
 本日1月3日はヨシダの母の命日です。102歳で往生しました。明治・大正・昭和・平成を生き抜き、さらに運よく、「21世紀の到来」を見届けて・・・、といった按配でした。勝気なお袋でした。同族意識が招来した会社私物化欲に嫌気をさして離婚したヨシダ。その吉田家長男にそのお袋が吐き捨てるような口調で言いました。「ユウキ!これみたことか!と見返してやれ!」と。イヤハヤでした(笑)。そのお袋が若い未亡人になってからですが、一度も内職すらさせませんでした。当時の長男ユウキの稼ぎは「職人独立自営業」で大の男が真似できない稼ぎ。その全てをお袋に任せたものでした。そのために、彼女が教会(キリスト教会)にせっせと献金したものでした(笑)★今朝一番の取材記事は「No.6653:「英語を聴ける人」がコッソリやってる練習法 今年こそ上達!「ものまねメソッド」のすすめ東洋経済ONLINE2017.13.花田 徹也 :TOEIC特化型スクール「花田塾」主宰)」です。英語学習に関するヨシダブログは痛烈(?)です(笑)。(10:00)
 ・・・先ほどからフロアに這いつくばってやっていたストレッチング。ふと、気付くに浅い眠りに入っていました。昨日にふとした気付きで復活したのが「腹筋運動」。両足首をベッドのフレームに固定してのもの。硬便や便秘で食べのものを中心に調整トライしていた中で、かのグーグル検索の中でヒットしたのが「腸の運動不足」。歩いたり身の動きの少ない身を考えて復活したものですが、「腰の運動」という認識はあったものの、「腸機能の活性化」には気付きませんでした!★思ったら即実行!最初は5回がやっと・・・。現在では「一気に20回」、それ以上は「起き上がる毎に、ひと呼吸を入れて式」でやると20回以上はOKに気付きました。その調子で、ひと息入れる折ごとにこの新しいメニューの繰り返し。かくして一日単位でみれば通算数10回は悠に可能・・・ということに結論付けました★故郷広島市の気温現在地は℃14.当地(この部屋)は℃28。丁度、倍の温度。「ステテコ&半そで」は年中日夜中のスタイル。体調の良さの一因であることを認識します★・・・ふと、想うこと。一息入れの時に手が延びるのがこのダイアリーへのブログ。キーボードのパチパチ!がヨシダの醍醐味のひとつとは!デス(笑)。(14:00)
 編集しかけてそのままになっていた記事に気付き、大急ぎで編集して掲載します。「No.6654:英国のEU離脱、まだ実現しない「本当の理由」 メイ首相が国民投票を覆す可能性も残る東洋経済ONLINE2017.1.3.庄司 克宏 :慶應義塾大学法科大学院教授(EU法・政策))」がそれです。本日はこれにて終了とします。お疲れさまでした、とは自身に対してのひとり言・・・。(18:10)

2017.1.2.(月)
 「No.6649:家族を守るための唯一の選択肢が、「国を捨てる」だとしたら?――1歳の子を連れて国境越えを目指す家族の物語DIAMOND Online2017.1.1.(12月26日付) パトリック・キングズレー,藤原朝子 [学習院女子大学] )」と、「No.6650:「ヨーグルトは身体に良い」はウソだった!?DIAMOND Online2017.1.2.(2016.7.22.付)夏目幸明 [経済ジャーナリスト])」を一気に編集しました。後者は昨年末12月26日付のもので本日掲載に気付きました。初期掲載に全くヒットしなかったと思う情報ですが、再掲載されたとすれば、その分、反響が大きいのではないかと想像します★前者の記事は「」国を捨てる」というタイトルに惹かれました。そのワケは?(笑)。(10:00)
 過日の本欄でも言及しましたが、「硬便0r便秘」のひとつの原因対策は「腸の活性化(運動)」が大事だということに到達しました。平素から絶大な情報を得ているそれはヨシダの徹底したグーグルさんを活用した「健康管理ノウハウへの探求」です。食生活から始まって、肉体的適切な運動の追及ってところです★両足の麻痺しているヨシダにとっては、健常者のように両足を伸ばしただけの状態で屈伸運動は不可能です。ために、両足首をベッドのフレームに固定する仕組みを備えてのこと★なんとなんと、最初は5,6回のみ!在日中はたしか、百回にチャレンジした感じでしたが、腹筋力の退化に今更ながら気付きかつ、危機感を抱くに至りました★そう言えば、この種の腹筋運動の屈伸(起き上がり時)はお腹の部分がすっごく硬くなっています。その分、腸への刺激や動きが活発になるってことをあらためて自覚しました!こりゃ、止めれらない!って心境★現在は20回目標ですが、暇さえあれば、何度でもチャレンジしています。一日通算回数はン百回!って按配の常態化を目指します。気付きを得てヨカッタ!がヨシダの本音です。在日中のヨシダ実績を取り戻します!(10:50)
 「No.6651:「若者のパソコン離れ」が示唆する恐ろしい未来DIAMOND Online2017.1.3.(2016.8.26付)鈴木貴博 [百年コンサルティング代表])」を編集しながら苦笑い。その訳は!?(14:30)
 昨年12月27日付記事が先ほど舞い込んできました。内容を重視した発信者側の意図が窺えます。「No.6652:
見逃せない兆候。きたる2017年のグローバル政治・経済はこう動くMONEY VOICE2017.1.2.(2016.12.27付)斎藤満)」がそれです★この辺りの筆者分析になると、ヨシダの悲観論に通じるものを感じるとブログしたら思い過ごしでしょうか・・・?(19:10)

2017.1.1.(日)
 新年明けましておめでとうございます。2017年が皆様にとって良い年でありますよう祈念します。いきなり飛んだ話になりますが、飲酒習慣から完全に脱皮して4、5年。と言っても深酒はもともと経験が全くありませんでした。現役時代は夜の帝王(?)ぶりみたいに、お得意様の接待は結構した身。でも、酔ったら「脚をとられる」という危機意識がブレーキで、深酒は皆無、二日酔いなどの体験も皆無。交際費はグループ会社に振り分けて税法上の枠は超えない仕組み★口にする食品飲み物等々は健康第一主義に徹しています。テレビで眼にする高級料理等々をみても、食べてみたいな、という気も毛頭わきません。ヨシダの趣味や生活基盤がこんなブロギングのお遊びみたいなものに完全シフトって按配ゆえですネ。イイことだと自身に言い聞かせています★歩行不能の身であるだけに、上半身の自己流儀の体操は欠かしませんが、最近ちょっと気になる傾向に「硬便」対策があるのですが、色々思考錯誤の結果到達した自分流のものに、「腸の働き活性化」を認識してトライしています。両足首をベッドのフレームに固定してのこと。恥ずかしながら、久しく途絶えていたことから、最初は5、6回がやっと・・・。危機感を抱きました。もっとも、その背景には10年越しの肩こり解消の集中努力があってのこと★その腹筋運動も最初の4,5回から数日後の現在では20回!この調子で努力すれば昔のペースは挽回できそうな感じです。★肩こりは99.9%達成で、最後の極小のコリを目がけてのもの。おかしなものでして、一旦永年で凝り固まった部位は、解きほぐしたようでも、元に戻ろうとする肉体的メカニズムを痛感します。シーソーーゲームみたいな努力が不可欠です★元旦のお仕事は「1月1日2日3日のできごと」編集に終始しました。ハイ、世界の歴史の一端を自習しました。 (15:10)
 傍らの愛器パソコンXPが受信しニューヨーク・タイムズ紙記事は106歳まで生きた著名な人物。かの「バンビの画家・Tyrus Wong氏」の記事。早速に飛びついています。「No.76 (Jan. 1 , 2017) "Tyrus Wong, ‘Bambi’ Artist Thwarted by Racial Bias, Dies at 106"」がそれですが、一方では、「No.6649:家族を守るための唯一の選択肢が、「国を捨てる」だとしたら?――1歳の子を連れて国境越えを目指す家族の物語DIAMOND Online2017.1.1.(12月26日付) パトリック・キングズレー,藤原朝子 [学習院女子大学])」も手を付けたところで、俄かに正月早々に多忙になっています(笑)。106歳を生きたご人物取材を優先します。どんな「絵物語」になるやら?・・・ですが、ノンビリ調で取り組みます。(18:45)

                                                        2016年12月度
                         

                            (Back to TOP)