(Back to TOP)                   

                        編集者のダイアリー・コナー
  ヨシダは「日誌」なるものは書く習慣を持っていませんでしたが、パソコンで気軽に書けることから、刻々とウェブサイト・トップ面に書き込むことを2015 年正月元旦から思い付きました。主力的コラムになっている「インタネット情報&ヨシダブログ」 と隣り合わせで設けたのがその日です。当初は「ひと言ダイアリー」って感じでスタートしたものですが、だんだんと欲が出て、くだんの主力コラムが活発化する に連れて、その編集状況をこのダイアリーで紹介することにしたことから、長文のダイアリーに変身して現在に至ります。日々、何をした、何を考えた・・・ と自身が記憶に留めるためにです。
 ところで、このコラムに似せて新設したのが英語版「
The Editor's Special Diary Corner」です。日本語ブログが手当たり次第って感じなのを横目にして新設したのものです。「英語版きょうのできごと」をベースにした勝手放題のコラムって感じです。

                              2017年1月1日

                              編集者:吉田祐起
               

  (2017年 1月度)(2017年 2月度)(2017年 3月度)(2017年  4月度)(2017年 5月度)

   2016年 9月度)(2016年10月度)(2016年11月度2016年12月度
  (2016年 4月度2016年  5月度2016年 6月度)(2016年 7月度)(2016年 8月度
  (2015年11月度2015年12月度)(2016年 1月度) (2016年 2月度) (2016年 3月度

  (2015年 6月度)(2015年 7月度)(2015年 8月度) (2015年 9月度) (2015年10月度
  (2015年 1月度) (2015年 2月度) (2015年 3月度) (2015年  4月度) (2015年 5月度

 
                              2017年2月度

2017年2月26日(日)
 昨夜掲載したかった記事2編。編集許容量を大幅に超過することから、本日に掲載延期したものですが、別件で一心不乱になっていたことから、ど忘れしてました。「No.6747:米中戦争は可能性70%以上、しかも米国劣勢と予想する理由『米中もし戦わば 戦争の地政学』DIAMOND Online2017.2.26.(24日付)久保洋介 [HONZ])」と「No.6748:ゴーン社長退任後の「地位と報酬」、ブラジル大統領待望論も!?DIAMOND Online2017.2.26.(4日付)ジャーナリスト 井元康一郎)」がそれですが、いずれもヨシダがガッツ(?)したくなる内容です。こんなことでガッツするのがイイか、ワルいかは別のこと。取り組む問題に強い共感を抱きながらブログする価値は大と心得て励んでいる85歳超のヨシダです★ちなみに、明後日28日でヨシダは「満85歳5ヶ月」の誕生日日をを迎えます(笑)★余談ですが、「英語版きょうのできごと」で欲張ったために、「日本語版きょうのできごと」の下段6列の画像削除を余儀なくしています。本トップサイトは、しめて「967.94MB」で限度ギリギリってところデス。遊び心で調整しています。(10:55)

2017年2月25日(土)
 
このところ、「きょうのできごと」の添付画像を大きさも含めて欲張っているために、当該編集容量を多く使っていることから、下段数段の写真の削除を余儀なくすることが常態化しています。英語版きょうのできごと」はそれが特に多く、かつダブって容量を消費することから削除件数が多くなっています★本日の「英語版きょうのできごと」がその例で、日本語版の13列も削除しています。「No.115 (Feb. 25, 2017):"On February 24, 1868, President Andrew Johnson becomes the first U.S. president to be impeached. "」をクリックしてご覧下さいませんか?圧巻(?!)とは、編集者の独りよがりのブログです。(19:15)

On This Day in American History
On February 24, 1868, President Andrew Johnson becomes the first U.S. president to be impeached. The House of Representatives votes to impeach the sitting president for violating a law that prohibits the president from firing important government officials without Senate approval. Johnson had defied the law by dismissing the Secretary of War, Edwin M. Stanton. After an 11-week trial, President Johnson escapes removal from office by one vote.
On This Day in American History
On February 23, 1945, during the bloody Battle for Iwo Jima, U.S. Marines take Mount Suribachi and raise the U.S. flag. A photo of the incident, which shows five Marines and one Navy corpsman hoisting the heavy flag pole, becomes the most reproduced photograph in history and wins a Pulitzer Prize for the photographer who took it. Three of the six soldiers in the famous photo die in the ongoing Battle for Iwo Jima.

 本日の掲載記事ナンバー・ワンは昨日に続いて、ヨシダが特別に尊敬してやまない川久瀬洋二先生の弁!ヨシダにとって、胸のスカッとする内容です。「No.6746:英語教育が本当に変わるためには!?ニュースの英語と文化背景・時事解説2017.2.24.山久瀬 洋二)」がそれです★わが同胞のニッポン人の口癖。「ネイティヴ並みに英語を話せなくてイイ」は裏返せば、それが出来ないことへの自らに課す「言い訳」に過ぎません!「ネイティヴ並みにできればベストだが・・・」という謙虚な姿勢はニッポン人には皆無デス!トホホ・・です!(14:10)

2017年2月23日(木)
 今朝一番の掲載記事が早朝は(00:10)というのは日付変更上、便宜上の表示です。ホントは昨夜編集したのですが、日付変更して本日23日付としたことからのイタズラ(?)です。「No.6743:トランプが話題になる理由。Multiple citizenship の洗礼を受けるアメリカ社会ニュースの英語と文化背景・時事解説2017.2.23.(20日付)山久瀬洋二 )」がそれですが、ヨシダの感想は、「目からウロコ」って感じです。本当のホントです。ま、その分、ヨシダの歴史観や教養未熟ってことを覚悟の上のこんなブログです。(00:10)
 「today@VOA」が入りました!"On February 22, 1980, the ‘miracle on ice’ occurs when the underdog U.S. hockey team, made up of several college players,..."がそれですが、昨深夜から編集作業に入っています。リンクはヨシダサイトにしています。編集室舞台裏のディスクロージャって按配です。クリックしてご覧くださいませんか?(00:15)

On This Day in American History
On February 22, 1980, the ‘miracle on ice’ occurs when the underdog U.S. hockey team, made up of several college players, scores one of the most dramatic upsets in Olympic history by defeating the four-time defending gold-medal winning Soviet team at the XIII Olympic Winter Games in Lake Placid, New York. Two days later, the Americans go on to defeat Finland to win Olympic gold.

 「No.6744:100万人を救った”移民国家アメリカ” ジャガイモ飢饉から学べることDIAMOND Online2017.2.23. 宮路秀作 [代々木ゼミナール・Y‐SAPIX東大館地理講師] )」の中でもリンクした情報があります。「「NASA、地球に似た7惑星発見 水存在の可能性」(日本経済新聞)」がそれですが、単独で編集掲載する価値がありそうですネ。なにせ、現代の地球はあまりにも多くの問題を抱えており疎開先には「火星」に現実味があるものの、天体で将来何が起こるかは想像の域を脱しません・・・★このところ、「きょうのできごと編集」で、一年前のモノをベースに編集を進めることから、所要時間を大幅に削減できているのが嬉しい限りです。1年前の編集技術より前進しているのが嬉しいデス。(16:40)
 先ほど愛器・クラシックパソコンXPが受信した記事に目がとまります。「疑惑の国有地売却事件。日本初の神道小学校、名誉会長は首相夫人」(MAG2NEWS)がそれですが、編集するのは大人気ないかな・・・と首をひねります★本日の最終掲載記事は、「No.6745:NASA、地球に似た7惑星発見 水存在の可能性日本経済新聞2017.2.23.ワシントン=川合智之)」です。ロマンを追いました★本サイトは欲張って、編集制限容量ギリギリの1GB直前に「できごと写真削除」で調整しました。(19:50)

2017年2月22日(水)
 正直かつ、ホンネのブログを惜しみません。ヨシダのトランプ像に修正を余儀なくせざるを得ない人物を本記事を通してトランプ大統領お身内に垣間見る想いが否定できません。「No.6741:日本人が知らないマリアン・トランプの功績 実姉は麻薬犯罪と戦う高潔な判事だった東洋経済ONLINE2017.2.22.湯浅 卓 :米国弁護士)」がそれです★息抜き(編集者自身のため)で他愛もないことをひとつ。便秘対策にグーグルで学んだ数ある食事対策も効果なく、辿り着いたのが「腸の活動を活発化すること」ってこと!★生活環境の変化で永年実践していた「腹筋運動(Sit-up)」に遠ざかったことに気付かされました!★ベッドの端に両足首を固定するタオルの輪を使ってのもの。両手を首の裏に結んで起き上がる運動。なんと、お粗末千万なことに、最初は1回もできない状態。危機感を抱きつつの再開でしたが、今では50回!★と、どうでしょう!、解決したのです!と、そのあり様までブログするのはご遠慮します(笑)。それにしても意志の強弱は人の運命に関わることを改めて痛感します。(10:20)
 昨夜、何時ものように夜半に受信した「today@VOA」の編集を終えて英語版トップページに掲載しました。「No.112 (Feb. 22, 2017):"On February 21, 1965, Malcolm X is assassinated in New York City."がそれですが、何時も添付する下記の僅か5,6行の記事からは到底、55編もの画像はゲットできません。ヨシダが選択する当該記事本家からゲットしたものからでして、英語学習はこの上もありません。「・・・永遠に生きると思って学べ」の実践です。(14:10)

On This Day in American History
On February 21, 1965, Malcolm X is assassinated in New York City. A prominent former leader in the Nation of Islam, Malcolm X, 39, is shot and killed by rival Black Muslims as he is about to address the Organization of Afro-American Unity. One year earlier, Malcolm X broke with the Nation of Islam and converted to traditional Islam. A pilgrimage to Mecca tempered his militant views on a separation of the races after he witnessed Muslims of all races coming together in peace.

 ふと、傍らの愛器パソコンXPが受信した記事に関心を抱きます。題して「人生100年時代、日本っは従順な働き方は変えないと」が目にとまりました。85歳の爺ちゃんに対するものではなく、現役人間へのメッセージですが、そのサンプル的生き方みたいなのがヨシダの定年後人生の在り方って感じですよね。(14:20)

2017年2月21日(火)
 深夜作業になりました。「No.6739:全米メディアは安倍トランプ会談の「成果」をどう報じたのか?MAGNEWS2017.2.21.(15日付)  )」 がそれです。一方、「英語版きょうのできごと」の「No.111 (Feb. 20, 2017):"Saloua Raouda Choucair, Early Exponent of Abstract Arabian Art, Dies at 100"」も仕上げました。(00:10)  
 一心不乱(?)のデスクワークにひと息入れてのストレッチング運動。その過程でふと、思い付いたものがあり、ガバッとデスクにバック!★ヨシダの関心事(思いつき)は、平素からヨシダがブログしてやまない「俺のウェブサイトはど素人だけど、その「インプット量」を単行本に換算したら「ン拾冊相当になるんだぞ~!」でした★想像の域でしかないこの想像をちょっと、確かめる気になったのです。グーグルに「1GBを単行本に換算した何冊相当?」とインプットしてゲットしたのが、「1ギガバイト(GB)はメガバイト(MB)に換算すると何MB?」から、さらに、「1GBは広辞苑でいうと何冊分になるのでしょうか・・・」です!★正直言って、ヨシダが想像していた量を桁違いに上回ります!ちなみに、「ヨシダウェブサイトの編集量現在値」リンクは日英語両サイトに掲示していますが、「データーサイズ(編集容量) をクリックされるとご覧いただけます。現在値は「3,1GB」でして、3日毎に0.1GBの増加を示しています。ちなみに、ウェブ編集ソフト契約(cPanel社)の最高契約限度数値は「9.77GB」でして、余裕綽々って按配です★・・・と、他愛も無いことを思いつき、実行して確かめたものですが、こんなことって、くだんの自己流体操のなかでヒットしたアイディア。満更でもね~ぞ~!って気分です★目下、編集中の「No.6740:アメリカの中の「異文化」の歪みが顕在化した大統領選挙とは心をつなぐ英会話メルマガ2017.2.21.(5日付)異文化ビジネスコンサルタント・川久瀬洋二 )」をクリックしてご覧くださいませんか?★英語版「」の編集もあるし・・・と、超多忙(?)のヨシダはご満悦です(笑)。(11:15)

2017年2月20日(月)
 「No.6737:オランダの絵本作家ディック・ブルーナさんは20代半ば、斜め向かいに住むイレーネさんに朝日新聞「天声人語」2017.2.20.)」を編集しながら深い想いを寄せたのはナチスのユダヤ人迫害。それを体験してその心情を漫画絵に託した絵本家のディック・ブルーナさんはさることながら、 「取材を重ねて評伝を著した本紙の同僚、森本俊司記者(56)によると・・・」ご両氏に格別の敬意を表しながら編集しました。(10:35)
 昨夜受信した「NYTimes.com」は100歳以上を生きた人物の訃報記事を目下編集中です。「No.111 (Feb. 20, 2017):"Saloua Raouda Choucair, Early Exponent of Abstract Arabian Art, Dies at 100"」("Saloua Raouda Choucair, Early Exponent of Abstract Arabian Art, Dies at 100"(NYTimes.com))がそれですが、この「英語版ヨシダのダイアリー・メモ」って感じで始めたのが昨年10月2日。本編で111件目。その分、英語を読んだり下手でも作文したりで、イイ勉強になると受けとめ精進しています。(10:55)
 きわめて個性的かつ、大胆な考えの持ち主の記事です。「さもありなむ」がヨシダが当初から想像していたことでもあります(笑)。当該記事は、「No.6738:トランプの「日本は為替管理国」発言を封じた天文学的な口止め料MAG2NEWS2017.2.20. 高城剛『高城未来研究所「Future Report」』)」がそれです。必読の価値あるものと思います。(13:00)
 「きょうのできごと」は写真編集で楽になりました。前から思っていたことではあるのですが、同コラムの「昨年度当該月」の画像を活用することです。気付くことに、グーグル本社は昨年度のものに、数件の新しい「できごと」を加える程度でして、それも当方の考えて今年度のそれに新たに追加するとは限りません。従って、随分と編集作業が楽になり、かつ、早くできるようになって大喜びです。ちなみに、目下、既に「2月22日のできごと」編集に入っています。ウレシイ!って感じです。イイ齢して感動できるなんて、ステキ!と自身に言い聞かせています★さあ、ボツボツ明日への備えに入ります。(17:40)

2017年2月18日(土)
 昨夜受信した「today@VOA」(下記添付)は「No.109 (Feb. 18, 2017):"On February 17, 1947, beginning with the words, ‘Hello! This is New York calling,’ the Voice of America beams its first Russian language radio broadcast into the Soviet Union."」の編集に気をとられて、すっかり失念していた記事がありました・・・。

On This Day in American History
On February 17, 1947, beginning with the words, ‘Hello! This is New York calling,’ the Voice of America beams its first Russian language radio broadcast into the Soviet Union. That initial broadcast tells listeners that VOA is going to give them ‘a picture of life in America.’ The VOA effort is an important part of America’s information campaign against the Soviet Union during the Cold War. VOA launched in 1942 to explain American policies during World War II and to bolster the morale of its allies in Europe, Asia, the Middle East and Africa.
On This Day in American History
On February 16, 1852, brothers Henry and Clement Studebaker open H & C Studebaker, a blacksmith and wagon building business, in South Bend, Indiana, which goes on to become the largest manufacturer of horse-drawn carriages in the world. With the invention of the automobile, Studebaker converts to car manufacturing, but the company struggles after World War II. The 1956 Cruiser marks the end of Studebaker’s run after 114 years.
On This Day in American History
On February 15, 1903, Teddy bears go on sale for the first time when toy store owner and inventor Morris Michtom places two of the stuffed animals in his shop window. President Theodore ‘Teddy’ Roosevelt had given Michtom permission to use his nickname. Before long, other toy manufacturers begin producing similar stuffed bears, which go on to become a national childhood institution.

 皮肉タップリの編集者ヨシダのブログを惜しみません。海外から観た母国(民)に対する85歳ニッポン男児の声デス!「No.6729:日本のサービス業は「1人あたり」でG7最低だ ITに合わせて「働き方」を変える努力を東洋経済2017.2.16.デービッド・アトキンソン :小西美術工藝社社長)」がそれですが、おかげでストレス?モヤモヤ?が吹っ飛んだ感じです。異議ある方はどうかメールで伍反論を!喜んで議論し合いすよ!(10:30)
 「No.6730:
米国で始まった「トランプ降ろし」 麻生副総理はペンス副大統領に勝てるか?=斎藤満MONEY VOICE2017.2.16.斉藤満)」のヨシダブログは(今回も)痛烈(?)です。おっと、英語好きのヨシダが初めて学んだスラング英語をマスメディアが造形していることを学びました。(15:45)
 大急ぎで編集しました!「today@VOA」も受信したし、大忙しってところです。「No.6731:
金融緩和を停止し円高誘導しなければ賃金と消費が減少するDIAMOND Online2017.2.16.野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問)」がそれですが、ヨシダの歓迎する点は、円高デス傾向に他ありませんので、あしからず・・・。(20:30)

2017年2月15日(水)
 や~!痛快な記事にヒットしました。添付資料も痛快デス!「No.6727:「唯我独尊」トランプを米国の民主主義は止められるかDIAMOND Online2017.2.15.(14日付)真壁昭夫 [信州大学教授])」がそれですが、この後も痛快ですよ~!その「予告編」は、「戦略的に移民を受け入れる「カナダの流儀」 そこにはブレない「多様性」がある」(竹村 真紀子 :IWCJ代表)」で~す!(9:35)
 直前号に続く関連性のある内容の記事です。カナダの政策「DIVERSITY(多様性)」は共通することから、当該画像を重複利用しました。その記事は、「No.6728:戦略的に移民を受け入れる「カナダの流儀」 そこにはブレない「多様性」がある東洋経済ONLINE2017.2.15.竹村 真紀子 :IWCJ代表)」です。いずれも必読価値ある記事として、編集者に熱がこもりました。(11:30)

2017年2月14日(火)
 「No.6725:ドイツ新大統領にシュタインマイヤー氏選出日本経済新聞2017.2.14.(12日付))」は昨夜の編集でしたが、編集容量の都合等で本日早朝付けということにしました★「today@VOA」が何時ものように、20時過ぎの受信。下記に添付しました。超多忙人間!この年齢で!ようやるわ!デス(笑)。(00:10)・・・と、この時間表示はにせもの。ホントは昨日23:00付けです。(8:30)★追記:以下の「できごと」は「No.105 (Feb. 14, 2017):"On February 13, 1905, President Theodore Roosevelt delivers a stirring speech on race relations in the United States and..."」で完成しましたので、クリックしてご覧くださいませんか?(11:30)

On This Day in American History
On February 13, 1905, President Theodore Roosevelt delivers a stirring speech on race relations in the United States and how he intends to improve them. A great deal of bitterness still exists between North and South, and a recent influx of Asian immigrants in the West contributes to racial tensions. Roosevelt, who has just won his second term, makes an argument for race equality, saying the debasement of blacks also debases whites.

 ふと、日本経済新聞「春秋」の「いまから20年ほど前。普及し始めたばかりのインターネットで・・・」にヒットして、何となくひと昔を振り返っての想い出ブログをひとつ。離婚という苦い人生体験を余儀なくしたヨシダ人生のひとコマでもあります★32年間に及んだ「人生第二毛作」で、曲がりなりにも「7社グループによる総合物流商社」(自称)を構築したのを後に、「人生第三毛作」と称して、一匹狼(マヴァリック)の経営コンサルタント会社(ロジタント株式会社<Logitant, Inc.>:資本金1千万円)を設立してのこと★第一毛作の独立自営業時代を含めて通算46年間の曲がりなりにも「経営者人生」をベースにした経営コンサルタントへの転身でした★ちょっと、背伸びして広島市内の中心地に借家の事務所をデ~ン!と構えました。SOHOでやったら、という当時の同棲女性の助言を振り切ってのヨシダのそれは意地的願望でした。1993年頃のこと★その時の事務所の体制づくりが今から考えるとカッコいいものでした。書棚は沢山の書籍の「積読式飾り物」(?)。大きなデスクを構えた社長デスクには当時の流行りの「ワープロ」と、片や当時は稀有なインタネット&ホームページを対象にしたパソコンがで~ん!って按配でした★と、こんなことを回想してブログするのはほかでもありません。くだんの日本経済新聞「春秋」の冒頭の言葉が動機です。「いまから20年ほど前。普及しはじめた・・・」でのこと。「俺さんがインタネットを始めたのは何時だったっけ?」でした。そのことの想い出ブログが本コラムでの趣旨です★同棲して「居候身分」のヨシダは時代の先端を往く「SOHO(Small Office Home Office)」でした。ちなみに、日英語両版のウェブサイトはトップページ上段右にあしらっている5枚の写真2枚がその当時のHOSOでのもの。デスクにデ~ンと見える3つの画面の左が既に開設していたウェブサイト画面。右端が旧式初期のワープロです★と、同サイトに開示しているのが「Since 10th March, 2001」。つまり、今から16年前のこと。日本経済新聞「春秋」の「いまから20年ほど前・・・」より4年遅いですが、それはトップレベルの人たちとの差異。年齢的にみても「時代の先端を往くご老人」って按配でした★さて、話は元に戻っての「広島市内事務所開設時のこと」。新型のワープロを真っ先に購入しました。当時から雑誌社や新聞社への寄稿で多忙を極めていた時代★新型のワープロを購入して備えました。後日談のこと、商社のセールズ・レイディーの弁は「社長さんに新型のワープロを買ってはいただいたけど、ホントに使いこなされるだろうか?・・・」だったとか(笑)★この「早期ワープロ導入」が多くの執筆家を横目に、ヨシダの投稿原稿の近代化がケッサクでした。最初はフロッピーの郵送。間もなくにして後述する「電子メール」の近代通信機器導入でファイルの添付でOK!並み居る寄稿者を横目に、「ヨシダ社長さんには通常の原稿締め切りはナシ!」って特権を与えられたものです!★さて、続いての自慢ブログ!インタネットが日本に到来して間もない頃に遡ります。パソコンへの「先行投資」が後年役立ちました。初期のパソコン投資の狙いは、先発使用中の最新式のワープロと同じソフトをそのパソコンに当初からインプットして備えたのです!万一、ワープロが故障したら、何時でもパソコンにシフト!というのが狙いでした★時おり興味本位で触れる程度のパソコンでしたが、ワープロ執筆活動旺盛で、「ホコリを被ったままのパソコン(先行投資)」って按配でした★ある日、ワープロが故障。時が熟したようにパソコンにシフトして事なきを得るどころか、当時それまでのSOHOにおけるウェブサイト編集の「専門家頼り」から,一気に「自力ウェブサイト編集」へのシフトを果たしたのでした★ ・・・ふと、気分転換方々のヨシダ愛器のクラシックXPが受信したメルマガ!題して「英語教育が本当に変わるには!?」(山久瀬洋二:心をつなぐ英会話メルマガ)がそれ!ヨシダの平素の日本人の英語勉学の実態に関するブログにミーとする内容です。仕事が一つ増えました★今朝から思いつくままのブログを「To be continued....9:40」ってな具合で継続してきてただ今、17:50.この辺りで本欄はピリオッドにします。ハイ、ひとり言に徹しました。(17:50)
 「No.6726:英語教育が本当に変わるためには!?海外ニュースの英語と文化背景・時事解説2017.2.14.(13日付))」を編集しながら想い出すのは娘のこと。中学校の英語クラスで、ダディーし込みのホンモノ英語発音で読んで、先生生徒が一斉にゲラゲラ笑い出し、爾後、一切ホンモノの英語発音を口にしなくなった悲劇です。トホホ・・・です。(12:50) 
 明日は「2月15日のできごと」編集も終了したのでひと安心。後は「today@VOA」の受信を控えています。手ぐすね引いて・・・って余裕綽々です(笑)。

イバンカブランド窮地 大統領一族は副業を続けるか
On This Day in American History
On February 10, 1846, facing persecution for their beliefs, Mormons leave Illinois to begin their exodus to Utah. Convinced Mormons will never find peace in the United States, Brigham Young leads followers to the wild territories of the Mexican-controlled Southwest. They eventually settle in the valley of the Great Salt Lake.

 昨夕、コンピューター女史が来てくれて2台のパソコンの調整をしてくれました。お恥ずかしい限りですが、ウィルス対策が不十分でした。今後は25日毎に来てくれて調整してくれることにして、ひと安心です★それにしても、プロのコンピューター技師のキーボード裁きは見事、というか、当方の目が追えません。マウスの使用度が極端に少なく、その分、キー操作が主流。高齢のヨシダは到底真似のマネも出来っこありません!参った、まいった、マイッタ!です。(10:50)
 「No.6723大統領の言動はデスマッチのお笑いではすまされない?ニュースの英語と文化背景・時事解説2017.2.12.(7日付))」を編集しながら痛感したことは、「きょうのできごと」でしばしばヒットするアメリカの南北戦争のできごと。お粗末千万ですが、この年齢にしてその歴史的な背景を理解する感じです。でも、学ぶは遅きに如かずと自身に言い聞かせる始末です★ところで、本記事筆者の川久瀬先生は英語を通じた意味もあって、殊のほかご尊敬しています。同先生はご趣味の絵画はプロ級でして、グーグルから拾った作品を纏めたファイルがあるので、リンクでごらんいただける仕組みを考えて編集したものがあります。川久瀬先生のご趣味絵画付き筆者紹介ファイル)がそれです。クリックしてご覧になりませんか。圧倒されそうです。(15:30)

2017年2月11日(土)
 昨夜掲載する予定の記事でしたが、トップサイト編集容量満杯のために、今朝に持ち越しました。「No.6720:イタリアで高まる反ユーロ感情、各政党は支持獲得に躍起DIAMOND Online2017.2.11.(10日付)Gavin Jones記者)」がそれですが、こと、EU&YROに関しては当初からネギャティヴな発言を躊躇しなかったヨシダゆえに、この種の記事にヒットすると、正直言って、内心、「そうだろう、そうに決まっている・・・」ってヘンな心境になります。「他人の不幸をニンマリするな!」ではあるのですが、当時のヨシダは経営者の端くれとして対外的にいろんな発言を積極的にしていたこともあっての大胆な発言ではありました。数百人の講演会での聴取者席からの講師に対する発言でした(笑)。満更でもないヨシダ語録のひとつです(笑)★本日夕刻にパソコン技師さんが来ます。2台のパソコンのトータル・チェックです★永年受信する母国からのあるメルマガ情報源さんが数日前から「パソコン修理のため休刊」を予告され、相当日数が経ちます。生きものみたいなパソコン。当方の一台は超クラシックのXP!間さえあれば、「再起動」をしてご機嫌をとっています(笑)★他愛もないことに、ヨシダは数字の「ひと区切り」に関心を抱きます。ただ今の取材記事編数は「6720」。適当な語呂合わせができないのがザンネンって他愛も無いひとり言(笑)★おっと、頭の「67」をとって、「虚しい」とするなかれ!このウェブサイトが観られている、いない、は編集者にとって全く無頓着!編集者の自身の頭の体操!加えて、「自分史づくりへの延長線」って軽い気分だけに、呑気なもんです。なによりも、「ボケ防止」の効果はバツグンと自他共にしています。(8:50)
 昨夜遅くに受信して編集中の「英語版きょうのできごと」は、「No.104 (Feb. 11, 2017):"On February 10, 1846, facing persecution for their beliefs, Mormons leave Illinois to begin their exodus to Utah."」です。「英語&歴史勉学」に大いに役立っています。この齢でベンキョウはボケ防止の一点デス(笑)。(9:10)

On This Day in American History
On February 10, 1846, facing persecution for their beliefs, Mormons leave Illinois to begin their exodus to Utah. Convinced Mormons will never find peace in the United States, Brigham Young leads followers to the wild territories of the Mexican-controlled Southwest. They eventually settle in the valley of the Great Salt Lake.
On This Day in American History
On February 8, 1887, President Grover Cleveland signs the Dawes Severalty Act into law. The new law splits up reservations held communally by Native American tribes into smaller parcels and distributes them to individuals within the tribe. In a huge blow to tribal sovereignty, the Dawes Severalty Act also dissolves many tribal affiliations and changes the legal status of Native Americans from tribal members to individuals subject to federal laws.
On This Day in American History
On February 8, 1887, President Grover Cleveland signs the Dawes Severalty Act into law. The new law splits up reservations held communally by Native American tribes into smaller parcels and distributes them to individuals within the tribe. In a huge blow to tribal sovereignty, the Dawes Severalty Act also dissolves many tribal affiliations and changes the legal status of Native Americans from tribal members to individuals subject to federal laws.

 「President Grover Cleveland signs the Dawes Severalty Act into law.」の画像検索結果 「President Grover Cleveland signs the Dawes Severalty Act into law.」の画像検索結果「President Grover Cleveland signs the Dawes Severalty Act into law.」の画像検索結果「President Grover Cleveland signs the Dawes Severalty Act into law.」の画像検索結果「President Grover Cleveland signs the Dawes Severalty Act into law.」の画像検索結果
                   (以下、添付写真編集中!) 
    "1887  Cleveland signs devastating Dawes Act into law"(HISTORY)
 「No.6717:
日野原重明先生は日本人の長寿にも大きく寄与したDIAMOND Online2017.2.9.樋口直哉 [小説家・料理人])」の編集は殊のほか楽しかったデス!日野先生から大きなパワーを頂戴しました。日野先生の偉業はヨシダにとって、全く住む世界の異なる次元。でもでも、その心は真似て、分相応に生きていきます!(11:10)
 本欄では初めてのご登壇の「サンデー毎日」さん!今月19日号なので、先でよいのですが、欲張って編集容量を大幅にオーバーすることから、別の日に掲載します。クリックすると全体がご覧いただけます。「No.6718:トランプの夢は「大統領令1081回」のルーズベルトサンデー毎日2017.2月19日号)」がそれですが、微妙はトランプさんの英語表現を横目にニヤニヤしながら画像を選びました。これだけで200KBをオーバーすることから、別の日に掲載します。(16:30)




2017年2月8日(水)
 昨夜遅くにかけて編集した記事「No.6714:大統領の言動はデスマッチのお笑いではすまされない?ニュースの英語と文化背景・時事解説2017.2.7.(8日付掲載))」ですが、トップサイトの編集容量の都合で本日付で掲載しています。可能な限り容量精一杯のプレゼンテーションを目指す編集者の嬉しい悲鳴であり、工夫の結果ってところです。おかげて、「きょうのできごと」の添付写真は全部掲載できました。掲載時間は(00:10)にしていますが、これは表面的なカラクリ(?)でして、早めの掲載でシツレイします。(00:10)
 「No.6715:声「100年」朝日新聞「天声人語」2017.2.8.)」を編集しながらのこと。ニッポン人の外国語発音カタカナ表示の矛盾を指摘するヨシダにとって、「目からウロコ」(?)って感じの記事です。でもでも、それでは進歩がありませんよネ!(10:45)
 「No.6716:トランプが「口撃」開始。現実味を増してきたEU崩壊のシナリオMAG2NEWS 2017.2.8.by 北野幸伯『ロシア政治経済ジャーナル』)」を掲載する一方で、「きょうのできごと」写真列の削除を余儀なくするシーソー・ゲーム編集って按配です。ま、その分、トップサイトの情報提供は精一杯ってところです。(12:15)

 

2017年2月7日(火)
 自我自賛のブログで恐縮しながら、それでいて、ガッツ感を抱くヨシダが今朝一番の編集で大満足しています!「No.6712:福沢諭吉は1860年、江戸幕府の軍艦、咸臨丸で初めて米国へ渡った。自伝に初代の日本経済新聞「春秋」2017.2.7.)」がそれです★英語発音には自信満々のヨシダがアタリ!と言いたいのは福沢諭吉先生の「ミッヅルカラッス」(ミドルクラス)」なる表現デス!現代ニッポン人よ!下手なカタカナ使用偏見から脱却して、福沢大先生の見事な英語発音表現を見習いませんか!?(11:00)
 本日第2弾の編集記事は、「No.6713:日本を為替操作国に見せた、官邸主導「円安誘導」の動かぬ証拠MAG NEWS2017.2.7.by 高野孟『高野孟のTHE JOURNAL』)」です。ヨシダの存 念(円安問題)に何やらミートするものを感じつつ・・・編集しました★昨夜遅くに受信した「today@VOA」の記事編集にとりかかります。「No.100 (Feb. 5, 2017) "On February 6, 1778, France officially recognizes the United States as an independent nation when officials from both countries..."」がそれです。なんと、英語版が100編目に入りました!ひと口に百編というなかれ!って気分で取り組みます。 (12:50)   

On This Day in American History
On February 6, 1778, France officially recognizes the United States as an independent nation when officials from both countries meet in Paris to sign two agreements: the Treaty of Amity and Commerce and the Treaty of Alliance . The treaties are the very first to be signed by the U.S. government.

 本日昼過ぎに本欄に掲載した「英語版きょうのできごと」はクリックすると、出来上がりがご覧いただけます。マジックみたいですよね。インタネットで天上に繫がっていることから、内容は編集過程と共に刻々変わるのがミソです。イイもんですよね、成果変化が確認できることって・・・★明「2月8のできごと」編集も終えたし、心のゆとりをしばし、楽しみます。(17:05)

2017年2月6日(月)
 久々に立て続け2編の編集でした。「No.6710:AIは「希望」か「絶望」か 人間は「道具の道具」にされるのだろうか?「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」通算第5178号2017.2.6.宮崎正弘)」、「No.6711:[FT]香港の大富豪失踪 中国が送った恐怖のサイン日本経済新聞2017.2.6.ファイナンシャル・タイムズ:By Jamil Anderlini)」です★添付写真を随分と欲張りました。でも、その分、記事内容への理解は高いと自負します。このところ、「文字画像」を活用しているので「絵物語編集」に役立ちます。でも、英語でしかゲットできません★編集ボリュームを欲張って、現時点のトップサイトの編集容量は、1千KB直前の965KBです英語版は(も)941KBと、満腹デス! でも、これって、編集者のゲーム感覚で、といったところです。 (13:30)

2017年2月5日(日)
 今日はサンデー!週刊誌「サンデー毎日」ではありませんが、この年齢になれば「毎日がサンデー」みたいなハズ。ところが、フィリピンのヨシダ爺ちゃんは現役若者顔負けの奮闘振り(?)でして、戦時中(と言っても現代の若者は??でしょうが)「月月火水木金金」で、「週末無し・返上」の「勤労意欲(?)」って按配です★昨夜は「today@VOA」受信がありませんでした。幾分か不規則って感じです。でも、なにやらホッとします。この年齢にして「手抜き」は嫌いな性分。だからこそ、この年齢でこの生き方人生!って按配だ、と自問自答します★先ほど掲載した記事は、「No.6708:ティラーソン氏、ハンディ背負って国務長官就任へDIAMOND Online2017.2.5.(3日付)ロイター:Arshad Mohammed記者 Lesley Wroughton記者)」です★最近の「できごと」編集と同じように「絵物語」の表現力を高めるために、文字を挿入しています。日本語版グーグルで不可能でして、本家英語版は流石にこの辺りの仕組みも見事です。なんと言っても、アメリカのほうが上手ですよね・・・(笑)★・・・と、このダイアリー・コラムをブログし始めるとストップがきかなくなることがあります。でもま、イイことだと自身に言い聞かせます。自己表現力はもとより、なによりも、「ボケ防止」効力です▼毎週日曜日は家長・アーネル家族は創価学会例会に出席です。信仰心の全くない人物にはそれなりの人間性の深さの差異は否定できません★ちなみに、一日中部屋に閉じ篭って、小便も部屋で出来る仕組みののヨシダの生活ですが、居間に置いてある米国製運動機器もその分、疎遠がち。近い将来の新居の広い部屋には常設できるシロモノですが、逆に様々の自己流健康管理運動をしているために、体力は充分保っています★かの、「Sits-Ups(屈伸運動)」も50回をキープできるようになっています。こうした自助努力の根源は「ボヤ~としていたら、ボクの身体はダメになる!」という危機感の維持です。ポリオ障害のそれは宿命的な人生観の招来する根性です。(11:20)
 「インタネット情報&ヨシダブログ」の編集なかんずく、「ヨシダブログ」をする度に感じることは、ヨシダ人生を遡ってのブログが避けられないこと。ま、その分、この年齢になって想起するせざるを得ないのが「わが人生歴史のページ」ってところ。別段、自慢めいた動機ではまったくありませんが、ブログ材料にすることが避けられない・・・から、と、ご理解願います(?)。でも、こんなことって、当事者のとってはイイことですよね!わが人生を振り返りつつ・・・って気分ですから。「そうだった、あんなこともあった、やった・・・体験した・・・」と。ブログする材料が無いよりマシって気分です★おっと、くだんの記事は「No.6709:マツダの悩みは「トランプリスク」より深刻だ 屋台骨の米国と日本で販売がつまづいた理由東洋経済ONLINE2017.2.5. 木皮 透庸 :東洋経済 記者)」です。(12:40)
 

2017年2月4日(土)
 昨夜受信した「today@VOA」 は「No.99 (Feb. 4, 2017)"On February 3, 1780, one of the earliest recorded mass murders in American history occurs in rural Connecticut. "」の編集を完了しました。米南北戦争時代に2つの著名な戦場で戦った兵士の末路が悲惨です。現代で言うPTSDゆえに稀な殺人事件を起こした人物のできごと。同メルマガの5行の中には出てこない歴史的事実を知って、戦争の恐ろしさの古今を問わぬ現実を改めて知らされる想いです★ひと通りの情報源チェックをしましたが、今のところ編集するまでには至りません。その分、明日への「できごと」編集に精出します。(10:30)

On This Day in American History
On February 3, 1780, one of the earliest recorded mass murders in American history occurs in rural Connecticut. Boarder Barnett Davenport — a Revolutionary War veteran who served at Valley Forge — kills his landlord, the landlord’s wife, daughter-in-law, and two grandchildren. The murders alter public perception of criminals as common sinners who’ve lost their way, to evil people who are alien to the rest of society.

 ・・・う~ん、ごもっとも!と共感しながら編集した記事は「No.6707:ゴミ分別のウソが物語る「生きづらい日本社会」の正体=武田邦彦MONEY VOICE2017.2.4.(日付))」です。厄介なごみ処理の苦労や負担を誰が何処で、どんなにして・・・?が問題でしょうが、大局的な視野でのものでなく、ごく一部のセクト(官僚?)から発する発想としたらお粗末ですよネ。日本人固有の「几帳面さ」も総合的な視野で再評価する必要を痛感さす記事です。・・・と、この場のこのブログを本文記事ブログと取り替えたい心境!でもま、やめときます。(11:40)
 明「2月5日のできごと」写真編集も終了したし、気分豊かに・・・と思う間もなく、ボツボツ「today@VOA」受信を控えます。日米時間差で今日は一日遅れの金曜日。編集者のヨシダにとって、同メルマガ編集の休暇は日・月ってところです。(18:50)

2017年2月3日(金)
 今朝一番の仕事は「No.98 (Feb. 3, 2017):"On February 2, 1980, the American public learns the details of ABSCAM, an FBI sting operation to uncover government corruption."」でした。汚職は何処でも何時でも・・・ですよね。人間には地位を背にした欲のある限り、ですネ。当該「today@VOA」 の受信メールは下記です。(13:10)

On This Day in American History
On February 2, 1980, the American public learns the details of ABSCAM, an FBI sting operation to uncover government corruption. Posing as representatives of an Arab sheikh, FBI agents offered the officials money or other considerations in exchange for special favors, such as approving government contracts for companies in which the sheikh had invested. One senator and four congressman were ultimately convicted of bribery and corruption.

 取材源はひと通り全て当たりましたがコレッという記事にヒットしません。その余力は本日「2月3日のできごと」に集中しました。完成したので明「2月4日のできごと」にシフトです。
 「No.6705:移民は「壁」では解決しない  ――ヨーロッパ難民危機でわかった「入国拒否」の無意味さ東洋経済ONLINE2017.2.3. パトリック・キングズレー&藤原朝子 [学習院女子大学] )」を編品ながら、極めて物騒なブログを余儀なくしました。(19:50)
 晩方になって編集した記事があります。「No.6706:「1日1万歩」は間違い? ウオーキング黄金律の真実 「やってはいけないウォーキング」著者日経Gooday2017.2.3.(ライター 近藤鈴佳))」がそれですが、ジョギング万能主義者にとっては、??でしょうね。ま、何事もほどほどに、適宜にってのが大事ですね。(21:30)

2017年2月2日(木)
 昨日リンクした106歳を生きた元ナチス幹部の速記秘書女性の記事を編集し終えました。「」がそれですが、ゲットした関係記事画像の末尾に添付したのが「ナチスのアウシュビッツ悲劇は信じてもらえないかも知れないが私はまったく知らなかった・・・」といくだりにちょっと首を傾げないでもありません。でも、それは死者への冒涜になることを意識します★「No.96 (Feb.1-2, 2017):"Brunhilde Pomsel, Goebbels’s Secretary and Witness to Nazis’ Fall, Dies at 106"」がそれです。昨夜何時ものように遅くに受信する「today@VOA」も一気に編集し終えました。「No.97 (Feb. 2, 2017) "On February 1, 2003, the space shuttle Columbia ‘s last mission ends in disaster when the spacecraft breaks up while entering..."」がそれですので、それぞれクリックして画像だけでもご覧くださいませんか?後者のシャトル・コロンビアの悲劇の実態を画像で追いながら胸が詰まりました。同記事の「today@VOA」メールを下記に添付します。

On This Day in American History
On February 1, 2003, the space shuttle Columbia ‘s last mission ends in disaster when the spacecraft breaks up while entering the atmosphere over Texas. All seven crew members on board are killed. When Columbia launched two weeks earlier, a piece of the shuttle’s foam insulation broke off, hitting the shuttle’s left wing. Some NASA engineers believed the damage was catastrophic, but NASA managers limited the investigation because little could be done to remedy the situation.

★・・・それにしてもですが、随分とこの85歳爺ちゃんは欲張り者だと苦笑いします。裏返しの達成感を追っているのか、ボケ防止か?・・・ま、ともあれ、元気の源と受けとめつつ・・・って按配です。(13:10)
 直前に啓示した記事は「 No.95 (Feb.1-2, 2017)"Brunhilde Pomsel, Goebbels’s Secretary and Witness to Nazis’ Fall, Dies at 106"」に変身していますよ★本日はこれっといった記事にヒットしないこともあって、ボツボツ、明日への日付変更体制に入ります。(16:30)
 ・・・と、本日の掲載記事はナシと思っていた途端にヒットしたのが、ヨシダ大歓迎の直前号「No.6702:通貨安誘導と日本批判 トランプ氏、日銀緩和に言及か日本経済新聞2017.2.1.)」と並ぶ内容です。日本円ガンバレ!って気分です(笑)。(17:20)
 なんとも不気味な、しかし、現実味の高い内容の記事でしょう! 「No.6704:
ゴルバチョフが警告する大戦争。トランプとプーチンは「IS掃討後」に激突するMONEY VOICE2017.2.2.カレイドスコープのメルマガ』 より抜粋記事)」がそれですが、主人公のゴルバチョフさんはヨシダより半年のお兄さん年齢で矍鑠(かくしゃく)たるもの。爪の垢を煎じる想い(気分)で編集しました★「today@VOA」を受信しました。下記がそれですが、今夜から明朝にかけての仕事です。(22:10)

On This Day in American History
On February 2, 1980, the American public learns the details of ABSCAM, an FBI sting operation to uncover government corruption. Posing as representatives of an Arab sheikh, FBI agents offered the officials money or other considerations in exchange for special favors, such as approving government contracts for companies in which the sheikh had invested. One senator and four congressman were ultimately convicted of bribery and corruption.


2017年2月1日(水)
 
海外生活ニッポン人の立場でなく、国際感覚をもってのヨシダブログを久々に思い切りぶっつけました!アンチ・トランプ大統領に対するヨシダの思わぬエールです!(苦笑い)。その記事は「No.6702:通貨安誘導と日本批判 トランプ氏、日銀緩和に言及か日本経済新聞2017.2.1.)」です。(10:50)
 ・・・と。ほら、早速に日本側からトランプ氏批判に反論が出ました!「浅川財務官「為替操作ない」 トランプ批判に反論」がそれ。直ぐに飛びつくのは大人気ないので遠慮しましょう。産業界や国民が上げて「円安歓迎!」を打ち出し、なかんずく、アベノミクス・日銀アベック政策がそれを肯定してきている現実はどう考えても「意図的」とみられてしかたないでしょうネ。「日本側の外交下手・演出下手」ってところですよね。(11:10)
 昨夜受信した「today@VOA」の編集「(No.95 (Feb.1, 2017):"On January 31, 1950, U.S. President Harry S. Truman announces he will support the development of the hydrogen bomb, ...."
」を手掛けています。

On This Day in American History
On January 31, 1950, U.S. President Harry S. Truman announces he will support the development of the hydrogen bomb, a weapon thought to be hundreds of times more powerful than the atomic bombs dropped on Hiroshima and Nagasaki during World War II. The decision comes five months after the United States loses its nuclear supremacy because the Soviet Union successfully detonates an atomic bomb at their test site in Kazakhstan.

 その一方で、ニューヨーク・タイムズ紙の「100最以上を生きた人物の訃報記事」にヒット。「」長寿を生きた人物からパワーを!という編集者の気持ちゆえの動機ですが、「明くる目のない日々」を送る85歳3ヶ月のヨシダです。くだんの記事は、「Brunhilde Pomsel, Goebbels's Secretary and Witness to Nazis' Fall, Dies at 106」(NYTimes.com)です。(11:30)

                                                        2017年 1月度
                         

                            (Back to TOP)