(This site is edited by Encode "Unicode(UTF-8)" & "Japanese" checked)
       
                                 
  ヨシダは「日誌」なるものは書いていませんが、ご覧のように日々、刻々とウェブサイトに書き込んでいます。正月元旦からの思いつきのひとつに、くだんの 「コラム: 」の冒頭に設けたがその日、時々の数行のコメント。ひと目でその執筆時間帯が分かるように色分けまでする念の入れよう。何時もは記事検索で追 われることからそんな余裕は無かったのですが、新聞休刊日を契機にこんなことを思いついたものです。「ヨシダの数行ダイアリー」って按配のコーナーです。 幸いに、トップページは毎日コピーを記録していることから、2015年1月元旦からの実施とする次第です。
                    2015年1月1日

                     (Back to TOP)

                                             2015年2月度                                   

                        (2015年3月度へ) (2015年1月度に戻る
                     
2015.2.28.
 本日28日で「満83歳4ヶ月」になりました。他愛もないことですが、詳しくは本トップページ末尾へスクロール・ダウンしてごらんくださいませんか。(0:10)
 日本経済新聞で「巨大カルデラ噴火の脅威 浮かび上がる実態」という記事にヒットして、思わずグーグルで検索し、相当時間を興味津々で過ごしました。日本語の「カルデラ」で検索するよりも、英語「caldera」で検索すると、ものすごい量で出ました。なにせ、日本語より英語のほうがはるかに「地球規模」であるからだと思います(笑)。勉強方々、暫しの時間魅入りました。コラムに編集しようかと思いながら、あまりの圧倒される写真が多くて際限がないことから、見送ります。それにしても、地球が誕生して46億年。その中での地球の営みは想像を絶するものがあることを痛感します。きょうは二度目の日光浴を楽しみました。(12:20)
 昭和のひと桁族のヨシダは「2月は逃げる」と言って、時が経つのが早い時期を表現していました。「1月はぬる(去る<ヒロシマ弁の帰る>」、「2月はげる」、「3月はる」・・・ と、新年明けの3ヶ月は時が経つのが早いことを示す季節言葉と認識しています。明日から3月入り。ひと通りインタネット情報を検索するに、これと思う記事 にヒットしない中でヒットしたのが「安土城のロマン」。安土城と言えば、離日数年前に、国宝犬山城をクルマで案内された道中、「城下町」から車窓で山頂の 安土城を観たものでした。ここは一番、忙中閑ありで、観光気分の取材を思い付きました。(13:45)

2015.2.27.
 キャップを後ろに冠って後頭部の日光直射を避けてのモーニング・日光浴。何ともステキな心地!朝食する間、三人の子達が奇声をあげてキャッキャアッキャ ア!まるで幼稚園。し~んと、静まり返ったホーム生活よりよほどか生活感が味わえるというもの。単身生活時代に電話局の女性職員が言った言葉を想起しま す。「エッ!? 一人住まい?私は耐えられないわ・・・子達がキャッキャア叫んで賑やかでないと生活感がない・・・」と。その子達はかならず寄ってきて、こちらの手の甲を かれらの額にあてがう挨拶を欠かしません。「祝福を!」という仕草。年寄りに敬意を表するあたりは日本人の習慣とは一線を画す感じ。スペイン殖民地時代の 名残りと思いきや、フィリピン人オリジナルとかです。そういえば、尊属殺人事件の日比格差は歴然です。(9:30)
  アーネルがむかし若い頃に世話になったという姉婿が余命わずかということと、パートナーの実母が子宮がんで長くないこと等々で消沈している姿をみて部屋に 招き入れ、ヨシダの体験談を通した話をしてやりました。どんなに心配してもどうしょうもないならば、頭を切り替えて、その遺族に対する可能な限りの支援に シフトすべきだ・・・と。スッキリした表情を見せてガッツ手合わせして部屋を出ていきました。こんな内容の話をしんみり英語でするのも慣れてきました。さ あ、明日の28日はヨシダが「満83歳4ヶ月」を迎える日!トップページ末尾のコラム文章をボツボツ入れ替えます。(18:00)

2015.2.26.
 母国の同胞の方々は今朝ヨシダがヒットして編集した「2050年宇宙の旅をエレベーターで!」を先刻ご承知なんでしょうか!? 5年前の在日中のヨシダも知りませんでした。こんなとてつもない計画が着々と日本の民間企業で推進中とは!!!!!!!!!!!(10:40)
 今日は「1836年・2.26事件勃発」の日。ヨシダが5歳の時のこと・・・と思っていたら東京新聞「筆洗」が書いていることに気付きましたので、同記事を編集します・・・・。(13:20)
 「きょうのできごと」編集法の改正で先取りが可能になりました。「2月28日のできごと」も完了。イイ気分です。ところで、「2・26事件」関連の記事は先の東京新聞さん以外に一紙のみ。79年も前のことだけに、風化現象がみられます。そういった意味では、「きょうのできごと」編集は365日にわたる歴史上のできごとに接するだけに意義あることを体感します。(17:10)

2015.2.25.
  本サイト末尾のコラムに添付したのは離日直前の正月元旦号の業界新聞トップ全面に掲載された拙著論文。その中に書いたのがロボット時代の到来劇。ふと、悪 戯心でその同新聞記事コピーの横に添付したのは美人秘書。と思いきや、ロボット秘書さん!子供のいない夫婦にとってロボットの子たちやヨシダみたいな爺 ちゃん婆ちゃんの遊び相手にもなり得るのがロボット君たち。イヤハヤ、とんだ時代になりつつあります。(9:35)
  先ほど久しぶりに生まれて間もないベイビーを抱きました。2階に同居する若奥さんの三人目の女児。3人でうちどめという彼女にホンネはもっと欲しいだろ う、と言えばウンと。可愛さが苦労を吹っ飛ばすことを実感します。それにしても、異国の地で異国の人の赤ちゃんを抱く環境に住むなんて、思ってもいません でした。さて、本日のお仕事はこのへんでジ・エンドにして今夜はゆったりした気分で何時ものことですが、両肩に心地よい按摩気分のストレッチングをしなが らのテレビ観賞とします。おっと、その前に、日付変更作業でした。いや、それは後回しで、ひと休憩・・・。(18:40)
 アーネルの妹婿が肺がんで死亡の知らせが入りました。百姓仕事のなかで、タバコと飲酒習慣がもと。子供が7人も居るとか。胸が痛む思いを禁じ得ません・・・。(19:20)

2015.2.24.
  「きょうのできごと」編集方法の変更について(お知らせ) を 新たに掲載してトップサイトが幾分かスッキリした感じです。シンプル・イズ・ベストを目指してのことではありませんが、編集者のあれもこれも・・・といっ た積極姿勢に多少のブレーキ役です。「リンク張り」は便利です。かのグーグルの「きょうのできごと」は(も)リンク尽くめ。クリックするしないは読む者の 自由。情報提供者としては最小字数で最多の情報提供ノウハウ足り得ます。便利なものができたものです。今後もリンク機能は最大限に活用していきます。本日 も快晴。室内温度は27,8℃で半そでステテコ姿のヨシダはご満悦です。さて、8時半から朝食(ブレンチ)がちょっと、待ち遠しい感じ。その分、健康であ ることを感謝しています。おっと、ニヤリとする記事にヒットしたので下記に添付します。(8:10)
                 サラリーマン川柳入選作品
  先ほど何時ものお手伝いさんのセニー(本日は臨時休暇)に代って同居の若奥さん(ライカ)がディナーを用意してくれました。焼き魚3匹。唐辛子をたっぷり 入れた醤油でお召し上がりで大満足!アーネルが在庫を確保してくれている日本製の漬物たくあんが何とも喉越しを良くすることか、と、在日中は気付かなかっ た食趣味です。そのライカさんが今朝の食事の折に2階の彼女達の部屋から連れてきた生まれて間もない赤子。なんとも可愛い!と声が出ました。フィリピンの 赤子は西欧的で日本の赤ちゃんとはちょと異なる感じです。2家族総勢1ダース。アーネルたちがチョッとでも留守する時は、何処となく、若者が来て留守番。 徹底したケアで安心です。(15:40)
 直近の記事(始まったロボット時代、まずは店頭と工場で)で不謹慎な(?)言葉をコメントに使っていることを「告白」します。「・・・ダッチワイフならぬ、ロボットワイフの・・・」がそれ。でも、これくらい のウィットを飛ばせるのはヨシダはまだボケていませんよ!がヨシダの言い分とご寛容のほど。そうだ、このことを書いた小文「離日直前にそれまで大量の論文 を寄稿した最後の論文に書いた一節」とでも題した小文を書いて、かのトップページ末尾のコラムを飾ろう!と意気込みます。(17:40)・・・ハイ!くだ んの小文、電光石火(?)で書きました。クリックしてご覧くださいませんか?「産業ロボット時代の到来」で想い出すこと」 (19:05)

2015.2.23.
 本日2月23日の日付変更は早めにしました。「きょうのできごと」の編集方法を第三次のものとして実施します。紆余曲折のあったコラムですが、どうやらこれで落ち着けそうです。(22日深夜) 
  2階で同居する若夫婦家族が三番目の女児を生み、久々にベイビーを腕に抱きました。フィリピンに来て感じたことの一つは子供たちの可愛らしさです。西欧の キューピーさんって感じのベイビーが目の保養になります。わがヨシダファミリーは3人の姉・3人の男児の計6人でしたが、女児のママ(ライカ)曰く、「こ れで打ち止めです」と。多産系のフィリピン人ですが、近年はどうやら3人が目安のようです。ふと、感じることは、老人ホームでの生活と比べる現在の生活環 境。まったく異にします。生活感・活力、この上もなく、大満足って感じです。(9:40)
  「きょうのできごと」コラム編集方法を変更して、なにやら肩の荷がおりたといった感じです。「観られ(読まれ)ている」という意識は毛頭持ちませんが、自 身に言い聞かせて処していくという意味で応分の価値があるのが、こんな具合に思ったことを文章化するこの良さを体感します。不思議とストレスがありませ ん。ブツブツと独り言を呟くよりはるかにイイ感じです。頭の体操にキーボードを叩く肉体的な動作は、頭の中でブツブツ回すよりはるかに健全で知的ですらあると自負します。トップページの冒頭にゴタゴタ書いている「きょうのできごと編集歴」がありますが、明日の日付変更に備えて用意しているのが「「きょうのできごと」編集方法の変更について(お知らせ)。ゴタゴタ書いたのは変更初日に限ってのことにして、以後は、それをクリックしてご覧いただける仕組に簡素化しました。こういったアイディアづくりは(も)、ボケ防止に役立つと自身に言い聞かせています。・・・と、こんな風にものごとを考えていくと、次の行動が楽しみになるのが不思議です。日付変更を早めにするか・・・って気分です。(17:30)

2015.2.22.
 本日午前中は実に大きな成果を成し遂げた(とは、大袈裟な・・・)ことをこの上なく喜んでいます。ほかでもありません、懸案の「きょうのできごと」の編集方法を巡って、カッコいい修正案を構築して、明日から掲載することにしました。ちなみに「2月23日」をクリックすると、その変化内容がご覧いただけます。むろん、このトップ面での同コラム表示の方法も今までとは異なります。明日のトップページをお楽しみに・・・。(12:40)
 や~!嬉しく、うれしく、ウレシクなりました!くだんの「きょうのできごと」編集が実にイイ按配に進みます。失敗や苦労の末の第三回目の編集方法の改革(大袈裟な!)です。すでに「2月24日」も仕上げました。クリックしてご覧になりませんか?グーグルでも出ないサイトを別の方法で出したり、日本語では出ない外国版のサイトは英語で打ち込むとオモシロイほど出てきます。(15:20)
  人間って、おかしな者。手こずっていたひとつの仕事が、ひょんな動機で上手くいき出すと嬉しくなって弾みがつくって感じです。そんな時にヒットする本コラ ムのインタネット情報までもが、編集者の目にとまります。一気に書き上げている現在のヨシダです。明日への日付編集が楽しみです。一層の磨き(?)をかけ ていく本ウェブサイトのトップページが楽しみです。と、まあ、こんな調子でご満悦のヨシダって、単純で子供っぽいでしょう。これがヨシダの魅力ってところ (笑い)。(17:25) 

2015.2.21.
 昨日の掲載記事にある多くの写真が夜明けとともに消滅することを危惧します。日本経済新聞さんの記事の写真はしばしば、後日に消滅するのです。著作権に関わることと思いますが、ま、それでも時間かけて編集しました。(0:05)
 ただ今、正午過ぎ。ぶっ通しの作業で「2月22日のできごと」 編集です。一行のグーグル表示に対してその二倍、三倍それ以上の字数をインプットするということは、その分、編集者は当該歴史を学んでいることを意味しま す。今まで見過ごしていた数々の史実を学びます。これが継続のエネルギーと受けとめて満足しています。気分転換にインタネット情報を検索・・・としま す。・・・と、こんな風にものごとを考えて行動すると、することやることが苦になりません。しなければならないからする、でなく、仕事の内容を変えること による気分転換がそうした心境を招来すると感じます。昨夜から家長・アーネル家族はパートナー・ノエルの里帰りで一緒。パートナーの里にクルマで乗りつ け、カッコいい風景を想像しながらご満悦のヨシダです。なにせ、夫婦仲良くが大事ですから。(12:50)
 シャワーを浴びて部屋 に戻り、何気なくテレビのチャンネルを変えていたら米画「ポセイドン」にヒット。以前、終盤のシーンを観たことから、とうとう終わりまで観ました。精神衛 生上よろしくないな・・・がジエンドの直後の感想です(笑い)。歳のせいでしょう。それとも、仮想と現実の区別をつけないからか・・・(笑い)。まだ、く だんの「できごと」は編集完了していませんが、未完のまま掲載することにします。クリックすれば、何時の時点でも直近の編集状態が観れますので。 (18:15)

2015.2.20.
  朝の第一番の仕事は、自身のこのサイトを開いてみることです。昨夜の日付変更等で間違いがなかったかどうかの再確認です。ふと目につくのが本コラムの累計 件数「No.5200」という数字。ヨシダが大好きな(?)ひと区切りの数字。語呂合わせ言葉の出てこない数字ですが、このコラム開設が「2014年4月 21日」で、一周年までには2ヶ月もあることを考えると、大したモンだ、と自身の頭を撫でたい気分です(笑い)。「ひと区切り(Punctuation)」意識の大事さ」を自覚するだけに、「感ひとしお」って気分。ま、何ごとも問題意識や価値観づくりを心掛ける意義はあるでしょう。窓を開けた状態で室内温度は28℃。半そでで外に出れば薄ら寒い感じ。今から朝食ならぬブレンチ。たっぷり食して、さあ、きょうも元気でやろう!とはヨシダの独り言です。(8:20)
 例により、明日「2月21日のできごと」 編集に精出すなかで、ひと息方々、ホン目のインタネット情報収集に転換します。結構、メリハリのある生活です。ひと息かたがた、ベッドに横になっても、す ぐさま肩のストレッチング体操に入りつつテレビを観るのが常。「ながら族」もイイところです(笑い)さて、今日の情報はどんなものだろうか・・・。 (12:40)
 40数サイトをチェックしたところ、幸か不幸か(?)本コラムに取り上げたい記事にヒットしません。その間、約40分間。これで心置きなく(?)「きょうのできごと」編集に専念できます。(13:15)
  「明日(21日)のできごと」は卒業して、目下、「
2月22日のできごと」 を編集中。夕食事は何時も自室でします。お手伝いさんのセニーが持ち込んでくれます。小型の冷蔵庫を室内に持っていることから便利です。食後にセニーに向 かってお腹をさすりつつ親指を立てて、グッド!さらに両腕を振ってゲンキの印で食事の評価をしてあげるとご満足そう。ちょっとした気遣いがその後のイイ サービスに繋がります。さて、ボツボツ日付変更編集ですが、本日の本コラム編集がゼロになりそうです。ま、ギリギリまでトライはしますが・・・。 (20:15)
 ・・・と、日本経済新聞さんが興味ある写真記事をトップに掲載されたことから、チョッと時間がかかるけど、と思いながら編集しました。ほかでもありません、12年前に群馬県の山奥の「八ッ場ダム」で活躍するダンプトラックドライバーや経営者の方々200名余を前に講演した時のこと。前日に宿泊したホテルの大浴場にデッカイ富士山の絵が壁面一杯に描かれていて強い印象を受けたからです。折角の添付写真ですが、後日消滅するかもしれません。日本経済新聞さんの記事写真はしばしばそうなるのです・・・。これにて本日の取材活動は終了!日付変更作業に入ります。(21:55)

2015.2.19.
  どんな形であるにせよ、日本で働いている、研修している外国人の実態と、かれらへのあるべき処遇等々を実に的確にコメントしている記事に出あって嬉しく 思っています。No.5199がそれですので、ぜいひともご覧ください。移民は無いほうがイイかも知れませんが、それでは日本という国(民)は先細りで何 時か消滅するでしょう。「ワンス・アポン・ア・タイム、ニッポン人という優秀な民族が居ったげな・・・」となるのは必至(不可避)というのがヨシダの持 (自)論です。(10:50)
 本日、第二編目の記事(No.5200)に釘付けになりました。神仏から託されたと思われるような 人物・小林正観さん(享年62)の業績に心底敬意を表しつつコメントしました。同氏の著書は添付しただけでも30冊近く、62年のご人生からして年300 回の講演をこなしつつの超人的ご業績と映ります。比較して云々はさらさらありませんが、かくいうヨシダの人生密度を比較してふと感じることは、その分、ま だまだ生かされて成すべき事の模索とチャレンジかな・・・と。合掌(13:35)
 本コラムがひと区切りのイイ「No.5200」に達しました。語呂合わせ言葉の出てこない数字ですが、このコラム開設が「2014年4月21日」で、一周年までには2ヶ月もあることを考えると、大したモンだ、と自身の頭を撫でたい気分です(笑い)。「ひと区切り(Punctuation)」意識の大事さ」を自覚するだけに、「感ひとしお」って気分。ま、何ごとも問題意識や価値観づくりを心掛ける意義はあるでしょう。(13:55)
  先ほど家長アーネルから聞くに、別のヴィレジ・ベルエアⅢ(当方はⅠ)に住む日本人男性(75,6歳・単身)が糖尿病等が嵩じて死去。英語もまったく分か らない人で、アルコールの日々だったとか。アーネルが地元バランガイ事務所の行政官であることから、彼の手に委ねられる場合の少なくないのが邦人のそう いった孤独死の折の采配。「すまんな、同胞の面倒を看てくれて・・・」と言って礼を尽くすのがヨシダの役割。定年後人生をフィリピンで過ごす邦人の中に は、母国で居る場所がないのか、孤独生活する人も少なくありません。せめて英語ができればですが、それとてできないままに英語圏のフィリピンに身を寄せる のはある種の優越感の成せることかどうか、と自問自答します。つまり、フィリピン人を下に見ることで、多少なりとも優越感をもって晩年を生きる・・・と いった心理でしょうか?そうだとすれば、困ったものです。とんでもない見当違いです。ふと、思うことは、「自称:相互扶助精神に基づく運命共同体生活」な るわが人生選択肢。「エス・イスト・グット」(これでヨシ!)と痛感します。(17:10)

2015.2.18.
 まずは何時ものことながら、全国紙にひと通り目を通します。適当なものが無いと、なにやらホッとした気分になります。その分、明日の「2月19日のできごと」 に専念できるからです。グーグルにみる「きょうのできごと」は一件が通常一行ですが、編集する過程でそれが数行から10行以上にもなるのは珍しくありませ ん。その分、表示された「できごと」の背景を調べながら補足説明を加えて編集しているわけです。何ごとも納得しないとサッパリしない性分。ま、適当な刺激 剤になってイイと受けとめて精出しています。今朝の日光浴は午後に回してデスクです。(9:10)
 フィリピン人女性の脚線美はバツグンです!マニラ・タイムズ紙で見つけた写真を本サイト末尾に掲載しました。ヨシダと同様にお楽しみください。(14:10)
   フィリピン女性と言えばバレーボールゲームで観るフィリピン大学生チーム。イイ歳してお恥かしいですが、女性のバレーボールはイイもんです。ゲームそのも のもですが、カノジョたちの表情や仕草は何とも可愛らしい限りです。くわえて、プロポーションの良さは日本人女性には無いものを彼女たちは持っています。 一挙手一投足はなんとも魅了的でして、飽くことがありません。ゲームの鑑賞角度が広くかつ、密度もリッチというものです。でも、こんな風に受けとめること ができるのは喜ぶべきと自身に言い聞かせます。・・・と、まあ、他愛も無いことを書いていますが、これもイイ精神維持活動足り得ます。「きょうのできご と」の明日編もできたし、早々と明後日編に取り掛かっています。追われるのでなく、追うほうが気分がイイですよね。(18:20)

2015.2.17.
 爽やかでイイ気分の日光浴を済ませてオフィス入り。窓を明けた室内温度は28℃で最快適。新潟の友人(奥さんはイギリス人)のメールによれば、2,3 メートルの積雪とか。足の不自由なヨシダにとっては、まったくのお手上げ環境。想像するだけでもシンドイ感じです。ふと、想像することがあります。夫婦白 髪までは理想。でも、独身老後はそれなりにイイところがありますョ。全てがマイペースでいけること。相思相愛でも、時には双方とも気遣いは不可避。日本人 老夫婦の弁「旦那さんは一緒に、奥さんは一人で・・・」というのが定石とか(笑い)。ふと、ヨシダの「独身生活」をふり返って感じること。だから、元気で 生きがいある晩年人生を得られるのだ、と。これってホントの本当の心境です。感謝の原点は此処にあり・・・ってなヘンな心境だとお笑いくださってイイです よ。(10:10)
 明日「2月18日のできごと」 の編集を半分ほど仕上げてひと息ってところ。その息抜きの場が「此処」であることが何とも奇妙かつ、有意義とはヨシダの弁。でも、ホント、結構なご身分だ と自身に言い聞かせます。このサイトを開くのが息抜きであり、ウキウキって気分でして、その都度の気分転換ですから実に効率的(?)と言えるでしょう。さ らに言えば、こうしてこのサイトでキーを叩きながら、その中でのもう一つの息抜きは、左の古いパソコン(XP)のメールボックスにシフトすること。このと ころ、迷惑メールでロシアの可愛い子ちゃんたちからの「誘惑の(迷惑?)メール」。中には、当方おじいちゃんであることを百も承知の誘惑メール。曰く、 I"m enjoying your English website...."と。さて、ボツボツ本目の取材に入ります。では、のちほど。(12:40)
 「全世界に衝撃を与えたサウジ王族のアルカイダ支援 ISISの活動は米国による民主化を逃れたい王族の仕掛けた!?」には絶句あるのみです。エッ!? 知らないのはヨシダだけ!? とハンセイしないでもありません。それにしても思うこと、思わされることは、この世の中って、人類って、所詮は生存競争そのもの。生きるためには・・・と絶句します。(15:50)
 明日「2月18日のできごと」 の編集を完了!世界の歴史を学びつつの編集だけに、興味に支えられて思わずオーバーワークになりがちです。でも、ひと区切りするとホッとします。その足で 翌日(19日)の編集にスウィッチって調子で際限の無い作業。ウェブサイトの日付変更は今夜遅くにするとして、ひと息入れ方々ベッドに横になって肩のスト レッチングしながらテレビ観賞とします。(18:40)

2015.2.16.
  われら日本人は言葉の語呂合わせをよくします。「一月行く(往く、逝く?)、2月逃げる、三月去る」と、この三ヶ月間は時の早く過ぎ去る感じを指して言い ます。フィリピンに来てからのヨシダはそうした概念が無くなりました。つまり、「あれもやった、これもやった、やってきた、やらざるを得なかった・・・」 という心境ゆえに、時の過ぎ去るのが早く感じません。苦楽の別なく、時の過ぎるのを「味わいつつ、かみしめつつ・・・」といったことからでしょう。苦労の 多い人生で早くにそれから脱したいと願う立場だったら日々が長く感じ、その逆に幸せだったら、もう過ぎた・・・といった時の過ぎる感じかもしれませ ん。・・・と、理屈っぽいですが、そんなふうに考えていくと、短く感じるよりも、長くとまでではなくとも、短くには感じないほうが幸せと言える気がします がどうでしょう?83歳の現在までのわが人生を振り返って、あっと言う間の歳月だ・・・と思うよりも、「・・・へえ・・・随分と生きてきた、やってきたも んだ・・・」といった心境のほうが幸せと感じます。ちなみに、私事で恐縮ですが、満60歳からある動機を得て始めたのが「両掌で頬っぺた叩き&指を揃えて 歯茎のコンコン叩き」があります。60回からスタートして「生産年齢の65歳(回)」を目安にしてきたものを、最近は100回にしていましたが、ふと、 思ったことがヨシダの母が102歳の天寿。ヨッシャ、息子のユウキもそれを目指して・・・ってなマンガチックな発想で実践中。ついでに110回でキープし ています。しかも、1,2,3、と数えながらその数をわが歳とオーバーラップさしながら、その時代の自身を思い浮かべながらの叩きです。わが人生を振り返 りつつ・・・って按配。単調なことを継続するにはこの種の発想も効果的です(笑い)。・・・と、こんな他愛もないことを書くことができるのも、このウェブ サイトのお陰です。(19:40)

2015.2.15.
 まいどのこと、「きょうのできごと」 編集に関するコメントで恐縮ですが、ファイルの一部が原因不明で消滅することもあって、本日のものも未完成のまま掲載しています。内容が多岐にわたること と、編集者の性分もあって、「手抜き」はしたくなく、さりとて前に進まなくてはならないことから、未完成のまま掲載を余儀なくしています。でも、思うこと は、未完成分は「来年のその日がきたら残り分を編集すればイイさ」と腹を据えて前に進んでいます。気の長いことですが、その分、長生きする、せねばならな い、といった刺激剤には充分足り得ます。そんなことから、2月15日のできごとは保留して、「2月16日のできごと」にチャレンジ中ってところです。ご諒承のほど。(9:35)
  久々に「昔とった杵柄」って気分を味わう記事に接しましたので、すぐさま編集しました。半世紀近いひと昔前の物語の一片です。でも、こんなことが、こんな 形で回想的に書けるってイイ気分ではあります。ま、書くネタに不足はないって感じです。嬉しいことは、文章そのものの良し悪しは別として、思ったことを あっと言う間に書けるようになった、ということです。直近のものは数分で書きました。その分、キーボードは機関銃みたいです。何方か著名な人物が言われ (書かれ)ました。「とにかく文章は書いて書いて書きまくれ。そうすれば上手くなる・・・」と。なにせ、ヨシダの口癖は「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容 赦のほど・・・」ですので、あしからず・・・。(12:10)
 ただいま、午後5時過ぎ。ご覧のように5編を編集しました。明16日の「2月16日」は完成したことから、早々と「2月17日のできごと」 に着手って強気姿勢です(笑)。ところで、最近体験したことで、編集を殆ど終えた段階で折角の編集画面の一部が消滅する状態が生じ、やむなく中断していた のがあるのですが、先ほど思い付いたことで、未編集部分に限って、グーグルの「きょうのできごと」のままの状態、すなわち、リンク張りのまま、をそのまま 掲載して、ご覧の方々のご関心に従ってクリックしていただくようにしてみました。やむをえない処置でして、可能な限りは編集者サイドで具現化したものする 所存です。ともあれ、「緊急避難処置」としての手法に過ぎません。(17:10)

2015.2.14.
 今朝は真っ先に「2月15日のできごと」 編集に取り組み、この時間(12:00)まで一心不乱で、結構勉強になることから楽しさも加わります。グーグルの当該サイト「きょうのできごと」をコピー しただけとはドダイ、中身が違います!絵物語ならぬ、「写真物語」風で、観る(読む)側もその分、興味が沸くこと請け合いです。しかし、編集者にとって は、ン時間も要する大仕事です。ちょっと、ひと息入れる気分で、肝心のインタネット情報を検索します。全国紙はすでに卒業です。息抜きかたがたやってるこ とは、片方のパソコン(XP)でメール受信状況をチェックすること。このところ、迷惑メールの中に目立つのは、ロシア女性からのもの。「あなたのウェブサ イトを見てますよ。私と付き合いませんか?イイおんなですよ・・・」と。「遺産が転がり込んできたが、あなたにお裾分けしたいから・・・」と。イヤハヤ、 ふざけ心でも読む気はしません(笑い)(12:30) 
 ◇新日系フィリピン人: 「1980年代以降に主に興行ビザで来日したフィリピン人の母と、日本人の父との間に生まれ、フィリピンで育った子供たち。JFCは 「Japanese Filipino Children」の略。戦前や戦中にフィリピンに渡航した日本人の子孫と区別し「新」を付ける。ピークの 2004年には約8万人のフィリピン人が興行ビザで入国しており、JFCも数万人以上いるともされるが、全体像は分かっていない。父親に養育を放棄された 子供も多い。」という短い記事(毎日新聞「ことば」)に目がとまりました。「戦前や戦中にフィリピンに渡航した日本人の子孫と区別し・・・」とあるなか で、「戦前」に関しては深い意味があります。ヨシダが「日刊まにら新聞」から拝借して再編集した「20世紀初頭、フィリピンは日本人の出稼ぎ先だった。5千人が比に渡り、建設・農園労働者としてバギオ市やダバオ市で根を張っていった・・・をクリックしてご覧くださいませんか?当時と現在では日比関係がまったく逆でした。日本人失業者がフィリピンに職を求めて渡り、根付いて現在に至る日比混血の物語です。(13:50)
  「2月15日のできごと」の編集が9割まで仕上がっていたところ、どうしたことか、大半が消滅!インタネット接続状況が不安定なためかどうか不明ですが、 頭を抱えています。未完成のままリンクしますのであしからず・・・。人生って、時には足踏みもありますよね・・・と、大袈裟に・・・。(20:00)

2015.2.13.
 本日「2月13日のできごと」の編集がようやく間に合いました。先取りベースに乗せるべく、明日の「2月14日のできごと」編集に着手したところです。何だかこれが主流(?)みたいなほどの所要時間です。でも、イイ勉強機会と受けとめて精出しています。(0:10)
 上掲の「14日のできごと」 をクリックすると100件近いアイテムがズラッと出てくるのは壮観(?)ですよ。と、大袈裟ですが8時過ぎの朝食を終えてこの時間までぶっ通しの作業の結 果です。実に、5時間半もの長時間のデスクワークってところです。ウキウキって調子でイイ按配デス!ボツボツ、何時もの「本業」(?)に戻ってインタネッ ト情報を追います・・・。(14:30)
 先ほど一時間ほど昼寝しました。イイ気分です。どうやら本日の本コラム編集は下記一編に留まりそうです。その分、「2月15日のできごと」編集に精出せそうです。(17:50)

2015.2.12.
 一日遅れ掲載を余儀なくしていた「きょうのできごと」を、当日掲載にっできました。「2月12日のできごと」をクリックしてごらんください。オッと、オドロキの声を期待しますよ!76枚もの写真ですので、それだけを見るのもイイですよ!絵物語ならぬ、「写真物語」的で編集者はご満悦です。(0:10)
  同志を得た(?)といった気分で編集した記事が本日のトップバッター。歯に衣着せぬコメントで関係者にはご無礼の程。でも、正直言って、写真に見るような 光景を観て「尊敬するに値する」とは思われないでしょうね。「ワタシも持ってるわよ・・・」といった感じのガラケー族。お叱りを承知の上の辛口爺ちゃんの 独り言です・・・。(14:10)
 「きょうのできごと」編集の先取り(ということは、明日分<2月13日> の編集)をひとまず終えました。クリックするとご覧いただけます。やれやれといった心境がシンジツです。先取り分を進めるべく、2月14日分にも手をつけ ました。しみじみ思うことは、イイ勉強機会になっている・・・ということです。これって、ホントです!「健康・生きがいづくりアドバイザー」資格取得時代 のキーワードを想い出します。「生涯学習」ってヤツです。退屈感ってまったく無縁であることを心底喜んでいます。今からベッドに横になって、肩のストレッ チングで按摩気分を味わいながらテレビでも観ましょう。実に都合よくできているのがヨシダの日常行為です。一石二鳥、転んでもタダで起きないぞ~って調子 です。(8:30)

2015.2.11.
  今朝最初の取材記事は「西部池袋線椎名駅」付近のこと。ヨシダは同駅に一度だけ降り立ったことを記憶します。目的は何だったかは覚えませんが、懐かしさと 同時に本記事筆者の想いに共感して編集しました。もっとも、その理由は同記者の思いとはちょっとばかり、先を読んでのことですが・・・。新潟の友人がメー ルで「きょうは建国の日」と寄越してきたことで直感したことは、「2月11日のできごと」のこと。一日遅れの掲載を余儀なくして、同記事は明日掲載の予定ですが、「神武天皇即位」で当該写真(画像)を添付していることを思い出します。(11:30)
 今のところ、3編記事の編集でひとまず終えました。本日の記事編集はこの程度にして、「1月12日のできごと」編集に取りかかります。先手必勝ではありませんが、何ごとも余裕を持つことが大事と心得える一方で、本コラムに関してはそうもいかないのが実状。でも、トライします。(13:30)
  一心不乱の努力で「2月12日のできごと」の編集を終えました!これで本コラムの「一日遅れ掲載」から脱皮できそうです。そのためにも、「2月13日のできごと」編集に着手ってところです。実に良い勉強機会と捉えて満足しています。おかげでボケ防止にバツグンです!早めに日付変更編集に入ります(20:30)

2015.2.10.
 「きょうのできごと」の「2月10日分」 の編集が遅れていることから、本サイトの同コラムは当分の間、「一日遅れ掲載」としています。ごく最近までは逆に、「一日先取り」の編集を可能にしていた のですが、同コラムの内容が豊富になってきたことからの遅れ気味。一日分の犠牲にしてでも、先取り編集にもどりたいものと思いながら、まいっか・・・って 気分でそのまま継続しています。おかしなもので、グーグルが書いている内容では、それだけでは理解できないことが多いために、ヨシダ流に注釈をあしらった 形で編集するために余分の時間を要しているのが事実です。その分、勉強していることで満足しています。(0:10)と、日付まで先取りしていますので、あ しからず。)
  本日初めての取材記事で、昔とった杵柄を味わいました(笑)。経営者時代に労組を相手に丁々発止と団交した想い出です(笑)。「有給休暇の完全取得or買 い上げ制度是認」がそれ。う~ん、ま時代の流れは前者ではあるでしょうが、「人口減少・高齢化・移民ハンタイ」の母国ニッポンの行方は気懸かりではありま せんが、「ワンス・アポン・ア・タイム、ニッポン人という優秀な民族が居ったげな・・・」にだけはなって欲しくないのが異国の地に居るヨシダの気持ちで す。(9:30)
 日本産業界の「賃金問題」に関する記事第二弾。記事中に微塵も見 られないことに、日本人の国民性に言及した賃金概念を感じるのがヨシダです。「みんなで渡れば怖くない」的な国民性、と酷評したら叱られるでしょうか? 「建前と本音の違い」の国民性も垣間見れる感じです。・・・と、こんなコメントは肝心の記事中のヨシダコメントにすべきですが、思い付いたことをその場 で、その都度文章化できることをこよなく楽しんでいます。歯に衣着せぬヨシコメはご容赦のほど。(10:55)
 ただ今、午後4時半。本日「2月10日のできごと」編集を完成しました!!!クリックしてご覧くださいませんか?圧巻(大袈裟な!)ですよ、ホント。精魂つめて編集しました。幸いにも、本日の一般紙記事で本コラムに掲載したいものが無いのが幸い(?)でした。11日の出来事に向けてGO!です。(16:30) 

2015.2.9.
 一心不乱(?)に、本日は「2月9日のできごと」に専念しました。肝心のインタネット記事収録は幸か不幸か、ざっとひと通り見るに、取り上げたくなる記事にヒットしなかったことでそれに専念した格好です。 本日付の記事一編くらいは掲載したいところ、欲張ってゴーバックしてみます。(18:10)
   ゴーバックしてみましたが、これっという記事に出会いませんでした。たまにはイイだろうと、思いながら「2月10日のできごと」編集開始ってところです。 能率的でしょう!このこの年齢にしては珍しい欲張り爺さんでしょう。仕事に追われるでなく、追うほうが気分にゆとりもあってイイこと、この上もありませ ん。(19:30)

2015.2.8.
 本日初っ端の記事はケッサクでっせ!筆者にはご無礼を百も承知の上のコメンテーターの弁で す。同コメントにも書いていますが「異議あるご仁はどうか、当方にメールを寄越してください。「意識革命」をご提供する用意があります。むろん、本欄での 「公開議論」にします!!!!! ふと、想うこと。もしこのサイトが無ければのこと。くだんの記事を読んで気分がモヤモヤは必至。発散する場所がない者に とっては、ストレスになるのがオチ。ヨカッタ、ストレス解消手段を持っていて・・・、デス。もう一つの願望・・・この辛らつなコメントが当事者の筆者に達 せればイイんだが・・・と。(10:50)
 「2月8日のできごと」 をようやく編集完了しました。時間と労力を使いながら体感することは、「色々と勉強になった!」とい充実感です。これからも楽しみながら編集していきま す。先ほど、家長・アーネルとしんみり話したことに、宗教心のある人間とそうでない人間の差異があります。彼と共通する点は彼は7人きょうだいで一人の生 き残り。かくいうヨシダは6人きょうだい一人の生き残り。なにか、託されたものを感じます。彼は創価学会、ヨシダはプロテスタント。神仏を恐れる心のある 人と無い人との差異を話し合いました。(18:00)
 
2015.2.7.
 ブレンチのあと、何時ものように日光浴を楽しみました。この時季、母国では寒中のさなかで あることを想像しながらです。キャップを逆さに冠って後頭部の直射を防ぎつつ、ゆっくりと首を回したりで瞬時もじっとしていません。「ながら族」がヨシダ の自負。効率的な生き方と自負します(笑)。昨晩遅くまで「きょうのできごと」(本日分)編 集に取り組んでいましたが、少し残りました。最近は洋の東西を問わぬ歴史勉学に興味が増して、一件のできごとに複数の写真を検索して「絵物語的」編集を心 掛けています。本日のその筆頭は「 江戸幕府が吉原遊郭を日本橋から浅草千束へ移転させる」というくだり。別段、遊郭を懐かしがってではマッタクありませんが、写真の一つが、ヨシダが生まれ た1年後のシロクロ写真が犯人(?)です。シロクロ写真はロマンを内蔵します。想像力をかきたてます。・・・と、さて、今日の仕事に精出します・・・。さ て、と。仕事の優先順位は?「きょうのできごと」編集完了だ、と・・・。(9:45)
 「きょうのできごと」本日分編集完成!全部 で69件!上掲の「ヨシダの目線で・・・」に加えて掲載しました。すべてがこんな調子ですから、「超多忙人間」を演出するハズです(笑)。上掲のリンクを クリックしてご覧くださいませんか?便利なもので、自動的にサイトに追加分が出ます。(11:15)
  家長・アーネルが久々にウォーキングをしましょうと、車椅子を押して「散歩」に出ました。一時期、よくやったものですが、当方が時間の欲しさで断っていた もの。当方がお付き合いといった感じで応じました。途中、バッタリ出会ったのが米国生活の長かった近所のフィリピン未亡人の車いす。立ち話ならぬ車いす同 士の寸話。別れ際になにやら彼女が口にしたフィリピン語。アーネル曰く、「ダディーが好きらしい」と(笑)。むろん、熱き(?)握手でバイバイでした。本 日はこのあたりでジ・エンドにして、明日への日付変更をします。(19:10)

2015.2.6.
 今朝の日光浴は格別でした。シンガポールで購入したキャップを逆さに冠って後頭部の直射を避けつつ、背中の日光浴を優先。それでいて、可能な限りのスト レッチングを車椅子でするヨシダの姿は影響力があります。大通りの向かいに住むフィリピン女性で最近旦那さんが死去された方。ヨシダのそういった姿の影響 か、時おり真似事みたいに手を伸ばしたりしていおられましたが、今はその姿は見られません。「根気と実行力」が不可欠だけに、簡単には真似できないこと。 と、だから努力する者とそうでない者との差がつくものと思います。ところで、先ほど掲載したファイナンシャル・タイムズ記事。「策に溺れ自滅の可能性」と 題するイスラム批判記事。そうあって欲しいものです。ちなみに、この言葉「策士策に溺れる」の英語訳を念のためにチェック。"craft brings nothing home"  "the crafty schemer drowns in his own scheme" ハイ!ベンキョウしました。このコラム編集のおかげです・・・。 (9:50)
   息抜きに肩へのストレッチング(按摩してもらうような心地よさを自身で味わえる手法)をしながらボクシングを観ました。バスケからバレーボールへ転換し、 このところ、ボクシングがイイ感じ。目の動きが広くなく、その分、年寄りにはイイ感じ。現役時代にはボクシングを称して、「野蛮な・・・」とまで口にした ことのあるヨシダ。生活環境で変わるのかな・・・と(笑)。(19:50)

2015.2.5.
  よ~、ま~、頑張ること!可笑しなもので、トイレでおしっこしている時でも、「そうだ、次はあれをしよう・・・これをしよう・・・」といった具合に、なん だかウキウキ気分なのです。ぼけ~として、何をしようか・・・なんて気分にはマッタクご縁がないのです。脳細胞が物凄くよく回転しているのを体感します。 不思議な感じすらします。その都度感じることは、感謝、かんしゃ、カンシャ!の気分。わが80数年の人生でこれほどまでの充実感を味わうことを喜んでいま す。感謝の心は「自利から他利への心」を一層に啓発します。(00:10)
 母国 の タクシー業界のだらしなさには愛想が尽きます!半世紀も同じことの繰り返し。ウンザリって感じです。同記事に添付しているヨシダのクラシック論文(でも、 現在にして活きるもの!)でも読んでほしいのが母国の事業経営者諸氏!(と、これは久々に引用した日本経済新聞社説に対するヨシダコメントです。 (10:50)
  この下手なウェブサイトでも観て(読んで)くださる方があることを時おり自覚させられます。先ほど広島からははるかに離れたところからの友人(と言っても 「メール友」)からメールが入りました。「・・・ヨシダさ~ん!際どいことをジャンジャン書いていますね!羨ましい・・・」と。ふと、ヨシダが自覚するこ とは、「・・・だからヨシダは元気なんだ!思っても書きたくても、語る(伝える)相手や場所がなければ、内向してモヤモヤして、ストレスになるのがオチ。 読む人が居なくても書くだけで、結構、ストレスは吹っ飛び、逆に達成感が得られるってことを痛感・体感しています。ふと、想い出すことに、大手新聞社の支 店長を務めて、総理大臣など新幹線車中インタビューした義兄が引退後のこと。テレビを観ながらブツブツ呟いていた姿。「・・・何を言ってるんだ・・・」と いった風情。かくいう現在の義弟のヨシダは、「即座に書きまくる」っといった按配。ストレスに関する限り大差あり、です(笑)(15:30) 

2015.2.4.
 9時前に起床。昨夜遅くまでデスク。深夜に至ったストレッチングで、朝食(ブレンチ)は9時過ぎ。日光浴を終えてデスクに向かうべくテレビを入れたら、 昨夜のままのチャンネルのおかげで、「日露女子バレーボール試合の実況放送」。思わず見入りながら、ふと感じました。在日中にはわれら日本人は「韓国人・ 中国人」は微妙に見分けできたもの。ところが、海外生活を5、6年もするとこうなるのかな、と思うことに、その見極めができなくなったどころか、同胞日本 人が中国人や韓国人と見極めがつかなくなったこと。じじつ、時たま見かけるニッポン人も同胞感が乏しくなりました。環境っておそろしいものだと感じます。 後ろを振り返ってみるに、くだんの日露バレーボールは2試合1対1で第3試合は日本が1点リード。ニッポン女子、がんばれ!と声援を送りつつ、デスクに向 かっているところです。(10:20)
 ひと仕事(?)してふと、後ろを振り返ってテレビを観るに、「3対1」で日本女子チームがロシアチームを「下し」ました!バンザイ、大和撫子チーム!!!!(11:20)
  苦心惨憺、数時間かけて完成した「1月4日のできごと」(全80件!)ファイルでありながら、c長時間であったことから、一旦、編集ファイルを「ログオ フ」したところ、それが早すぎで折角のものが消滅したものです。今にして気付くことは、ボリューム大のファイル故に「保存」まで相当時間がかかる、という こと!失敗は成功の元、と受けとめ、落胆どころか、「原因が分かってヨカッタ!」というのが実感です。これって、ヨシダ本来の「前向き思考性」です。 (16:30)

2015.2.3.
 ヨシダが尊敬してやまないイチローさんの記事に接してウレシイ限りです。イチローさんの人柄を示すのがオバマ大統領に対する姿勢。オバマ大統領も天皇陛下に接する姿勢。洋の東西、年齢のいかんを問わず見られるのは人柄・・・ですよね・・・(11:00)
 大前研一さんは名経営者であると同時に預言者とみるのがヨシダ。グーグル社が無名時代に今日にみる大発展を予言された御仁。今度は(も)・・・と興味を抱くのが「トヨタは世界一から陥落!?」です。(12:50)
   先ほど大ミステイクに気付きました、明日2月4日付の「きょうのできごと」をようやく編集し終えたところで、なんとなんと、一ヶ月前の「1月4日」のグー グルを誤掲載していました。トホホもイイところです。今にして思うのは、編集しながら思ったことに、「・・・あれ、これって、以前何処かで引用した感じだ が・・・」でした。でも、一ヶ月前の編集の仕方と現在では大きな変化があるので、古いのと差し替えます。それで、結構活きてくるわけで、無駄骨にはならな かった、と自身に言い聞かせて納得している有様です。そんなことから「2015年1月4日のできごと」として古いのと差し替えて一覧ファイルにリンクしま す。さあ、失敗を取り戻すのにチョッとばかりゴーバックします。(19:30)

2015.2.2.
  食事などヨシダの身の回り世話をしてくれている家長・アーネルの姉(セニー)が通いで来るのですが、高血圧で急きょ病院行き。アーネルがオフィスから戻っ てきて朝食の用意。オフィスから離れてイイのか?と問えば、ボクがボスだから自由です、と笑う。それにしても平素から思うことはフィリピン人の食生活は日 本人の目(口)からは濃厚過ぎる感じ。朝から油上げ料理で、日本だったら考えられない感じ。かくいうヨシダはシッカリと心得て処しているので、血圧すべて は正常です。アーネル曰く、近日中に医者の往診でダディーの健康診断をします、と。昨夜も深夜過ぎまで「瞑想&ストレッチング」で数時間!これって、ホン トです!その醍醐味はバツグンです。(9:40)
 「本日(2月2日)できごと」をようやく編集完了!クリックしてご覧の程!次ぎの「1月3日分」にチャレンジです。(13:35)

2015.2.1.
 さあ、2月に入りました。新しい月に入った途端に「2月は(も)逃げる」とは言いますまい(笑い)。応分の充実した新しい月にしたいものです。
 ただ今、午前10時半過ぎ。くだんの大作(?)「きょうのできごと」(2月1日)を編集中。「サンダースホーム」関連記事掲載を終えて感銘を受け、本サイトに追加掲載しました。(10:35)
  「今日のできごと」編集に精出していたところ、突然に大半が消滅しました。編集ソフト使用中のインタネット接続状態が微妙なトラブルの原因のようですが、 オーマイゴッド!です。このところ欲張って一件のできごとを巡る複数の写真を検索して掲載することから、一つのファイルの容量が多くなることもその背景か もしれませんが、今回でこのファイルに複数のトラブルが発生したことから、ひとまず、「保留」して次ぎ(1月2日分」に転じます。興味方々、上掲をクリッ クしてご覧くださいませんか?編集者の苦労(?)がうかがえます・・・(11:40) 
 ただ今、午後7時。久方ぶりに米画を途中 からですが観ました。グリゴリペックが演じる「Mac ARTHUR(マッカーサー)」です。多少の実戦シーンはありましたが、殆どは映画そのもの。実にリアルで米画独特の味。レイテ島に部下を引き連れて膝下 まで海水に浸かりながら上陸する瞬間のシーンは現在でも見られる現地の銅像と瓜二つ。フィリピンの大きな地図を前に戦略を練るシーン等はリアルそのもので した。映画を観ながらでも欠かさないのは肩のストレッチング。イイ気持ちを味わいながら映画鑑賞とながら族ぶりで極めて効率的です(笑)(19:15)

                    (2015年1月度に戻る

                       (Back to TOP)